バンコク ビエンナーレTheatre of Indulgence Galleryに行く

美術館・アート

今回のビエンナーレの訪問は、Theatre of Indulgence Gallery(インダルジェンス・シアター・ギャラリー)です。

ビエンナーレ公式の振り番が20番の場所です。他の開催地はバンコク中心部で開催されていますが、この20番のインダルジェンス・シアター・ギャラリーは中心部からは離れていて、少し不便な場所にあります。

ビエンナーレが始まったのは10月18日で、今ほどバスに乗り慣れておらず、バンコクの地図も頭の中に入っていない状態でした。そういう訳で後回しにしていました。

バンコクの場合、タクシー使えばどこでも行こうと思えば行けますが。今回もバスを乗り継いで行きました。

Rama9から136番に乗って、Khlong-Toey(クロントーイ)市場の先の終点、クロントーイバスターミナルまで行きます。

MRT Queen Sirikit National Convention Center(クイーンシリキット・ナショナル・コンベンションセンター)から歩くと20分近くはかかります。
クロントーイバスターミナルで205番のバスに乗り、タイ語の降車場所を車掌さんに見せて無事に着きました。


バス停からしばらく歩き、Google Map上のポイント近くまでは来ているのですが、Rama3世通りから中に入っていて、見つけるのに苦労しました。

今までの開催地は商業ビルが多く、BABのグリーンの看板が建っていて近くまで行くと分かったのですが、この場所はギャラリーで、BABの小さなロゴが入口に貼ってあるだけです。

入口にいると奥の方から、男性が来て、扉を開けてくれました。中に入ると、天井が高く、ニューヨークのソーホーにあるような、倉庫をリノベーションした素敵な空間です。



アーティストごとにグルーピングされています。写真、オブジェ、絵画と多岐に渡っています。ラクダ、サイをモチーフにしたオブジェは素敵です。

こちらにある作品は値札の付いているものも多くあります。通常のギャラリーにビエンナーレの作品もあるのでしょうが、今までのように作品の前にあるBABのグリーンのPOPは設置されていません。


木をイメージした、ソファーとテーブルのセットです。

案内の女性にBABで来た人は記帳してくださいと言われ、記帳しました。場所も不便なので多くの人は訪れてはいません。

私もBABがあったから、このギャラリーに来れたと思います。公式の説明を見ると、アーティストを支援しているギャラリーのようです。

ビエンナーレ公式HP

Theatre of Indulgence Gallery(インダルジェンス・シアター・ギャラリー)のMap

コメント