バンコク バンカピのタワーナ・マーケットに行く

ナイトマーケット

Tawanna Market(タワーナ・マーケット)はBang kapi(バンカピ)のラップラオ通りに面していて、巨大なThe Mall Bangkapi(モール・バンカピ)の西に隣接しています。

バンカピには以前、センシーブ運河を船上ボートで行った事があります。

バンコク Bang Kapi(バンカピ)に水上ボートで行く
バンコクのバンカピにあるザ・モール・バンカピ・ピアにセンシーブ運河の水上ボートを利用しました。モールは店内に庭を造園していてグリーンがナチュラルな雰囲気を醸し出して癒されます。映画館もあり、屋上にはプールもあるエンターテインメントが揃っています。

またRama9からはMRTラップラオを経てラップラオ通りを走る514、73ก番などのバスも運行しています。今回はRama9世通りからRamkhamhaeng Rd(ラムカムヘン通り)を運行する168番のバスで行きました。

4月22日にバンコクのバス料金が値上げになり、料金改定後初めてのバスです。以前はこのぐらいの距離は20TB札を出すとお釣りが返ってくるイメージでしたが、20TBジャストでした。何となく値上がりした実感がわきました。

バス停から北にセンシーブ運河を渡るとバンカピの三叉路の交差点に着きます。

途中にBatcat Museum & Toysという、アニメキャラクターの博物館があります。外観もアニメキャラのイラストです。

タワーナ・マーケットは間口は広くはないのですが、奥行きがあり、通路をひたすら歩きます。大きな屋根で覆われている為、雨の日でも安心です。

エアコンなしとエアコン有りのエリアがあります。


エアコンなしエリアは1坪(3.3㎡)のお店が通路にびっしり並んでいます。商品はレディースファッション、小物雑貨などで他のナイトマーケットと同様です。

特徴的なのは、デザインがラメを使用した少し派手目な洋服やサンダルが多いことです。

エアコン有りのエリアの方が1店舗当りの売場面積も広く、通路も広くとってあり、照明も明るいのでショッピングをするには最適です。オープンして3年ぐらいで施設は綺麗です。

レディス・メンズ・子供服までの洋服、シューズ、小物雑貨が販売されています。ウイッグ・ネイルのお店が多くあり、イミテーションのバッグ・、小物を販売する店舗やヒカリ物の洋服・サンダルが目立ちます。

ホイックワンのナイトマーケットと商品構成が似ています。

価格は観光客も少ないエリアですし、有名ナイトマーケットよりはリーズナブルです。


フードエリアもありますが、道路に面した空きスペースに多くの屋台が立ち並びます。4時ぐらいは準備中だったので、夕方からのオープンです。こちらも多きな屋根に覆われています。

タワーナ・マーケットからラップラオ通りを挟んで向かいに、ショッピングセンターのHappy Land(ハッピーランド)があります。こちらは築年数が建っていて、ローカルな雰囲気です。

建物の間に細い道路があり、所狭しと屋台や食堂が並んでいて、下町情緒が溢れていて多くの人で賑わっています。ハッピーランドの裏はロットウーの発着場所にもなっています。

ハッピーランドも激安の洋服、20TB~が販売されていて地元の少し年配の方が多く買物をしています。

バンカピにはハートランドから少し東へ行くとロータスもあり、ショッピングセンターの集積地です。高級なザ・モール・バンカピからリーズナブルなナイトマーケット・ハートランドと価格帯が異なるので、地域住民には選択肢が増えて便利な街です。

ラップラオから延伸の工事が完了すればもっと便利になります。

▼Tawanna Market(タワーナ・マーケット)のMap

コメント