バンコク ヴィエンナーレ2022の12会場

ビエンナーレ2022bacc美術館・アート

Bangkok Art Biennale(バンコクビエンナーレ)2022は10月22日にスタート

先日、サイアムのBACC(バンコク芸術文化センター)にビエンナーレに行きました。12会場の開催場所を紹介します。2023年2月23日まで開催です。

BACC(バンコク芸術文化センター)

ビエンナーレ2022bacc

サイアムのMBKの向かいにあります。7・8・9Fの3フロアーが会場で、30人のアーティスト、90作品が展示されています。

Central World(セントラルワールド)

チットロムにあるショッピングモールです。いつもBABに協賛しています。2人のアーティスト、4作品です。

Museum Siam(サイアム美術館)

バンコクのサイアム美術館

MRT Sanam Chai(サナムチャイ)駅1番出口を上がるとすぐにあります。タイの現代史を紹介する博物館で、タイの歴史の展示を通して、タイ王国の国家の成り立ちについて遊ぶことができます。4人のアーティスト、4作品です。

JWD Art Space(JWDアートスペース)

BTS ナショナルスタジアム駅下車。スパチャラサイ国立競技場の裏にあるアートギャラリーです。10アーティスト、40作品が展示されています。

The Prelude,One Bangkok

MRTルンピニ駅下車。現在工事中のプロジェクトワンバンコクの敷地内にあります。1アーティスト、1作品が展示されています。ワンバンコクもいつも協賛しています。

Queen Sirikit National Convention Center(クィーンシリキットコンベンションセンター)

クイーンシリキット・ナショナルコンベンションセンター

MRT クィーンシリキットコンベンションセンター駅と直結しています。 18アーティスト、55作品が展示されています。現在、APECの会議場のため、閉鎖中。

Samyan Mitrtown(サムヤン・ミットタウン)

バンコクサムヤン Mitrtown

MRT Sam Yan(サムヤン)駅と直結しているショッピングモールです。 1アーティスト、1作品が展示されています。

The PARQ

MRT クィーンシリキットコンベンションセンター駅下車。Rma1世通りの交差点に立つ商業ビルです。 1アーティスト、2作品が展示されています。現在APECのため、クィーンシリキットコンベンションセンター駅にはMRTは停車しません。

Wat Arun

バンコクのワットアルン

チャオプラヤ川沿いのワットアルンです。1アーティスト、1作品が展示されています。

Wat Pho

涅槃ブッダで有名なワットポーです。2アーティスト、4作品が展示されています。ワットアルンとワットポーは寺院内に展示されているため、寺院の入場料は要ります。

Wat Prayoon

ビエンナーレ・ワット・プラヨーンサワット

メモリアルブリッジを渡り、白亜の仏塔がある寺院です。2018年もBABで訪問しました。3アーティスト、6作品が展示されています。

来年まで期日はあるのでゆっくり訪問ができます。

コメント