バンコク レトロな雰囲気のバーンバンケーンに行く

バンコクのバーンバンケーン美術館・アート

Baan Bangkhen(バーンバンケーン)はレトロな博物館とカフェ

バンコクのバーンバンケーン

Baan Bangkhen(バーンバンケーン)は2017年にオープンした比較的新しい施設です。トタン屋根に木造の建物で100年市場に通ずるものがあります。

以前からチェックしていてバスで行く予定でしたが、BTSスクンビット線の延伸により、最寄り駅から徒歩でいくことができます。

バーンバンケーンの行き方

BTS Bang Bua(バーン・ブア)駅と11th Infantry Regiment(インファントリー・レジメント11)駅の間にありますが、インファントリー・レジメント11駅から歩いて7分ほどです。

入場料

入場料は1人20Bです。外国人も同額です。

バンコクのバーンバンケーン

前プミポン国王の博物館

バンコクのバーンバンケーン

中に入ると右側に2016年に崩御された故プミポン国王(Rama9世)の博物館があります。こちらの建物は入る前に靴を脱ぎます。銅像、若かりし頃のお写真などがレトロな雰囲気の中に飾られています。

Coca Cola博物館

バンコクのバーンバンケーン

左側にコカ・コーラの博物館があります。50・60年代の瓶のボトル、サインパネル、マグカップなどのグッズが数多く集められています。壁一面コカ・コーラで圧巻のコレクションです。

中庭のツリーハウス

バンコクのバーンバンケーン

ツリーハウスとグリーン溢れる中庭です。ヴィンテージ・カーがポイントにレイアウトされ、ベンチも数多く設置されていてゆったりと過ごすことができます。非常事態宣言中のためか、訪れている人は少なくインスタ映えするポイントとして、一眼レフのカメラで撮影している人が多いです。

タイの昔の商店

バンコクのバーンバンケーン

中庭の右側には、タイの昔の商店街をそのまま再現してます。レトロな雰囲気の商店は、薬屋、日用雑貨店、駄菓子屋などがあります。色褪せた昔の洗剤、薬などが並べてあり興味深いものがあります。タイの方が見ると懐かしい昔の商店・商品でしょう。

商店の建物は2階建てですが、現在2階は閉鎖されているため、上がることはできません。

カフェ

バンコクのバーンバンケーン

中庭の左側にお洒落なカフェがあります。天井が高くゆったりとしたレイアウトです。カフェのメニューもソフトドリンクの種類も多くあり、軽い食事もできます。

入場料で20Bのチケット代がクーポン券として、このカフェで使用できます。

施設全体はこじんまりとしていますが、街の中で緑に囲まれ落ち着ける場所です。

Baan Bangkhen(バーンバンケーン)の公式Facebook

Baan Bangkhen(バーンバンケーン)のMap

コメント