タイ ゾーン分けの変更と規制措置の継続

covit-19イメージ環境

2022年1月9日より適用とCovid-19状況管理センター(CCSA)が発表

新型コロナウイルスのオミクロン株が蔓延する中、新たなゾーン分けと規制措置の継続が発表されました。

  • 最高度厳格管理地域(ダークレッド・ゾーン):対象県なし
  • 最高度管理地域(レッド・ゾーン):対象県なし
  • 管理地域(オレンジ・ゾーン):69県
  • 高度監視地域(イエロー・ゾーン):対象県なし
  • 監視地域(グリーン・ゾーン):対象県なし
  • 観光開国パイロット地域(ブルー・ゾーン):バンコクを含む26県

管理地域(オレンジ・ゾーン)69県

チャチュンサオ、ナコンパトム、ラーチャブリー、ロッブリー、サムットサコーン、ウドンターニ、サムットプラカン(スワンナプーム国際空港を除く)など

観光開国パイロット地域(ブルー・ゾーン) 26県

  • バンコク
  • クラビ
  • カンチャナブリー
  • チョンブリー
  • チェンマイの一部
  • ノンタブリー
  • アユタヤの一部
  • プーケット
  • チェンライの一部などです。

ブルーゾーンの規制

  • 夜間外出禁止令の適用は無し。
  • 1月31日までの在宅勤務の実施を要請。
  • 各種スポーツ施設について、従来通りの営業を認め、試合も従来通りの実施を認める。
  • 映画館や劇場について、従来通りの営業を認める。
  • 百貨店、ショッピングセンター、コミュニティモールについて、従来通りの営業を認める。
  • コンビニエンスストアや市場の営業は、従来通りの営業を認める。
  • 防疫措置を実施した上で、大人数が参加する活動を認める。
  • 防疫措置の実施の下、教育施設の使用を認める。
  • 美容クリニック、マッサージ、スパ、タトゥーショップ店について、従来通りの営業を認める。
  • 飲食店について、従来通りの営業を認める。
  • パブ、バー、カラオケ等の娯楽施設は引き続き営業を認めない。
  • 飲食店におけるアルコール飲料の提供については、SHA+、Thai Stop Covid 2 plusの認証を受けた施設に限り、午後9時を上限として、これを認める。

新型コロナウイルス新規感染者はここ1週間で急激に増加していますが。今のところ厳しい措置は無いようです。

感染が拡大している県は独自に厳しい措置

●ウボンラチャターニ:2022年1月7日、PM11時からAM4時までの夜間外出禁止要請をだしました。1月8日に新規感染者が552人でした。
●チェンマイ:クラスターが発生したレストラン23店舗が一時閉鎖になりました。1月8日に新規感染者が304人でした。

1月8日のバンコクが新規感染者が598人、サムットプラカーンは669人、チョンブリーは921人でした。

コメント