タイ オンラインショッピング

e-コーマスのイメージ商品

タイ最大のECサイトはLazada

タイにAmazonはありませんが、ECサイトでは「Lazada」が最大手です。Lazada(ラザダ)グループはシンガポールに拠点を置くEC(電子商取引)企業で2011年に設立されました。ラザダグループはタイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポールとベトナムでサイトを運営しており、2016年アリババグループが経営権を獲得しています。

Lazada(ラザダ)でショッピングの方法を紹介します。

Lazada(ラザダ)のトップページ

タイのLazada

Lazada(ラザダ)公式 をクリックします

アカウント登録

タイのLazada

メニューバーの右から「英語表記」に切り替え、「SIGN UP」をクリックしてアカウント登録へ画面に進みます。電話番号、名前を入力する他、FACEBOOK、Googleのアカウントでログインもできます。私はGoogleアカウントを使用しました。

住所登録

タイのLazada

Googleアカウントでログイン登録は簡単にできます。電話番号、住所を入力します。プルダウンメニューで県、区、郵便番号を選択します。

ショッピング方法

商品を探す時は、左上「カテゴリ」か上の検索から英語で単語を入力して探すかになります。

タイのLazada

気に入った商品をクリックします。価格と送料、届くまでの日数を確認して「Buy Now」か「Add to Cart」をクリックして支払いの確認画面へ移動します。確認画面で住所、価格、送料を再確認後、右下の「Place Order」をクリックします。

支払い方法

タイのLazada

クリックしたら支払い方法を選ぶ画面になります。支払い方法を選択して支払えば購入完了です。商品によって支払い方法は異なります。

  • Credit・Debit Card:クレジットカード・デビットカード
  • Mobile Banking:モバイルから銀行決済
  • Internet Banking :PCなどから銀行決済
  • Pay at store:店頭支払い(セブンイレブンなど)
  • Installment:分割払い
  • Cash on Delivery:代引き
  • True Money Wallet:お財布携帯

クレジットカード・デビットカードは便利ですが、日本のクレジットカードを使用すると為替手数料がかかります。私はPay at store:店頭支払いを利用しました。Pay at storeをクリックすると「セブンイレブン」で支払うをクリックします。メールアドレスに「セブンイレブン」で支払うためのバーコードが送信されてきます。2日以内に「セブンイレブン」で支払いをすればOKです。

タイのLazada

上記画像の「Click here to print」をクリックするとバーコードが表記されたページに飛びます。プリントアウトはしなくても、その画面をセブンイレブンのレジで見せ、バーコードをスキャンすればOKです。支払いが完了すると完了メールが送信されます。

購入確認メール

タイのLazada

支払いが完了すると上記の。商品オーダー、支払いが完了しました内容のメールアドレスに送信されます。

商品受け取り

タイのLazada

商品が届いた旨のメールが届きます。当初から1週間の予定で、ちょうど1週間で無事届きました。私はアパートに住んでいるため、管理事務所で取り扱ってくれます。商品は中国製ですが問題なく使用できています。

タイのLazadaから届いた商品

初めてLazadaでショッピングしましたが、セブンイレブンで支払いができるのも便利ですし、案内メールも届きます。店舗で見つからない商品で高額でないものはまた購入してもいいかなと思います。

コメント