チョンブリー

電車・車

タイ国鉄(SRT) 日本からの寄贈列車を改装

JR北海道から寄贈されたディーゼル車両17両をタイ国鉄(SRT)は改装して観光列車として利用します。試運転でバンコクのマッカサン車両整備修理センターを出発し、約1時間後にチャチェンサオ県東部の鉄道駅に停車し、バンコク のフアランポーン駅に戻りました。
旅行

タイ 観光を活性化するために拡張されたツアー補助金制度

タイ 観光を活性化するために、2022年9月末まで2つのパッケージ旅行が延長されます。We Travel Togetherとツアーティータイ・パッケージです。ホテルの補助金プログラムのWe Travel Togetherに100万の部屋の権利を追加。
旅行

タイ入国 Test & Go(テスト&ゴー)の条件が変更

タイCOVID-19状況管理センター(CCSA)は隔離なし入国プログラムタイランドパスのTest & Go(テスト&ゴー)について、3月1日登録分から変更を行う発表を行いました。到着5日目のPCR検査ホテル宿泊は無し、医療保険の補償が2万ドル以上に変更・
環境

タイ保健省 新型コロナウイルスの警戒レベルを「4」に引き上げ

2022年2月21日、タイ保健省は 全国的に新型コロナウイルス・オミクロン株が急増したことを受けて、新型コロナウイルス警戒レベルを「4」に引き上げました。Covid-19状況管理センターは、現在の状況を終わらせるためにロックダウンをないと示しました。
環境

タイ ゾーン分けの変更と規制措置の継続

新型コロナウイルスのオミクロン株が蔓延する中、新たなゾーン分けと規制措置の継続が発表されました。管理地域(オレンジ・ゾーン)が69県、観光開国パイロット地域(ブルー・ゾーン)がバンコクを含む26県です。規制措置は以前とあまり変わりません。
旅行

タイ Test & Goの隔離無し入国は無期限停止

タイは世界中で拡大しているオミクロン株により、 12月21日に即日でるテスト&ゴーとサンドボックス(プーケット・サンドボックスを除く)のタイランドパスの新規申請の承認を停止しました。 2022年1月7日には無期限での停止が決定しました。
環境

バンコク 新しいブルーゾーンに追加

ブルーゾーンとは既に再開されているサンドボックス県であるプーケット、クラビ、パンガーのゾーンを指します。11月1日からバンコクはアルコール提供を含むCovid-19の制限がほとんどない、新しい観光客向けのエリアに追加されます。
環境

タイ マスク着用義務化が49県に

タイのマスク着用義務化が49県になり、バンコクは2021年4月26日(月)からです。バンコクでの違反者は、伝染病法BE 2558(2015)に基づく罪で有罪となり、最高20,000バーツの罰金が科せられます。
天候

タイ 2020年2月27日より夏に入りました

タイは2020年2月27日より夏に入りました。2月23日からのCovid-19状況管理センター(CCSA)の規制緩和により2月26日~28日までの3連休は多くのタイ人観光客がチョンブリー県のパタヤ、ラン島などを訪れました。
サッカー

チョンブリーにチョンブリーFCVSサンフレッチェ広島の試合を観戦

2019 Jリーグ アジアチャレンジ in タイのChnburi FC(チョンブリーFC)VSサンフレッチェ広島の試合をChnburi(チョンブリー)スタジアムに観戦に行きました。チョンブリーまではエカマイからバスで行くことができます。