バンコク MRT 延伸路線の終点ラック ソーン駅へ行く

電車・車・トゥクトゥク

MRT ブルーラインの延伸路線は2019年9月29日に試運転から正式に開業しました。

バンコクMRTラックソーン駅
フアランポーン駅から西への延伸駅は11駅ですが、正式開業までに何駅かづつ延伸し、その都度記事にしてきました。最後の4駅と11駅のまとめを紹介します。

ブルーライン新駅

  • Wat Mangkon(ワット・マンコン)駅
  • Sam Yot(サムヨート)駅
  • Sanam Chai(サナームチャイ)駅
  • Itsaraphap(イサラパープ)駅
  • Tha Phra(タープラ)駅 ………………………ここまでの5駅が7/29に開通
  • Bang Phai(バンファイ)駅
  • Bang Wa(バンワー)駅………………………ここまでの2駅が8/24に開通
  • Phetkasem 48(ペッカセーム48)駅
  • Phasi Charoen(パーシーチャルーン)駅
  • Bang Khae(バンケー)駅
  • Lak Song(ラックソーン)駅…………………終点までの4駅が9/29に正式開業

Phetkasem 48(ペッカセーム48)駅・Phasi Charoen(パーシーチャルーン)駅

ペッカセーム48駅とパーシーチャルーン駅はPhert Kasem Rd(ファート・カセム)通りの高架に駅舎があります。Phasi Charoen Canal(パーシーチャルーン運河)と並行してパーシーチャルーン駅の手前まで走ります。

パーシーチャルーン駅前にはロビンソンも入店しているショッピングモール、Seacon Bangkae(シーコン・バンケー)があります。駅の周辺は郊外という雰囲気で低階層の建物が多く遥か遠くまで見渡せます。特に有名な観光スポットはありません。

Bang Khae(バンケー)駅・Lak Song(ラックソーン)駅

バンコクMRTラックソーン駅
この2駅もファート・カセム通りの高架に駅舎があります。バンケー駅の近くにはロータス、ラックソーン駅前にはバンカピにもあるショッピングモールThe Mall Bangkae(ザ・モール・バンケー)があります。ザ・モールはポイントは屋上にプール・遊園地などがあることです。

このラックソーン駅がブルーラインの終点です。当初は2020年開業の予定がタイでは珍しく工事が予定より早く完了し早い開業となりました.

乗降客が多いのはチャイナタウンの真ん中の駅ワット・マンコン駅、王宮・ワットポーへはサナームチャイ駅が便利です。チャオプラヤ川を超えてタープラ駅ぐらいから乗降客は減ります。
詳しい駅周辺情報は下記のページからご覧ください。

バンコク MRT ワット・マンコン・サムヨート・サナームチャイ駅
バンコク MRT延伸の新駅ワット・マンコン駅、サムヨート駅、サナームチャイ駅に行きました。ワット・マンコン駅はチャイナタウンの真ん中にあり、サムヨート駅はインド街の近所、サナームチャイ駅から王宮まで徒歩で行けて大変便利になります。
バンコク MRT 延伸路線のイサラパープ・タープラ駅に行く
バンコク MRT 延伸路線のイサラパープ・タープラ駅に行きました。運行時間は8月13日からAM7時〜PM9時に拡張されました。約8分毎の運行です。サナームチャイ駅を出るとチャオプラヤ川の地下トンネルを運行し、川を超えてイサラパープ駅の手前で地上に出ます。
バンコク MRT 延伸路線のバンファイ・バンワー駅に行く
バンコクMRTブルーラインの延伸の新駅Bang Phai(バンファイ)駅・Bang Wa(バンワー)駅に行きました。バンファイ駅からはワット・パークナム・パーシーチャルーン)に行けます。バンワー駅はBTSシーロム線の最終駅バンワー駅に乗換ができます。

現在工事中のMRTバンワーと駅とタオプーン駅が繋がると環状になりもっと便利になります。

▼Lak Song(ラックソーン)駅のMap

コメント