タイ Test & Goの隔離無し入国は無期限停止

バンコク王宮、ワットプラケオ旅行

2022年1月7日Covid-19状況管理センター(CCSA)が発表

タイは2021年11月1日より、新型コロナウイルスワクチン完全接種済み旅行者の隔離無しでの受け入れをスタートしました。12月初旬は11月の旅行者の2倍近くが訪れていました。世界中で拡大しているオミクロン株により 12月21日に即日でテスト&ゴーサンドボックス(プーケット・サンドボックスを除く)のタイランドパスの新規申請の承認を停止しました。 2022年1月7日には無期限での停止が決定しました。

サンドボックスは拡大

タイのクラビ島

ワクチン完全接種済みの旅行者が限定された地域で自由に行動ができる「サンドボックス」は拡大します。2022年1月11日からは、プーケット、クラビ、スラタニー(サムイ島、パンガン島、タオ島)が対象となります。

サンドボックス利用には、72時間前までのRT-PCR検査の陰性証明、50,000米ドル以上の保険契約、7日分のホテル予約などが必要です。7日間を対象エリアで過ごさなければなりません。

政府は必要な観光収入と新たなCovid-19オミクロン株の発生の恐れとの間の妥協を選択しました。

バンコク、パタヤの反応

パタヤとバンコクの観光事業者は、テスト&ゴープログラムが無期限に中断され、サンドボックスに参加していないため、観光客が入国する不平等な機会について懸念を表明しています。これらの事業者はネガティブな事業見通しを持っており、より多くの失業を予想しています。

パタヤとチョンブリー県

パタヤのホテル稼働率は1月の20%から2月には10-15%に低下すると予想されていて、小規模なホテルは一時的に閉鎖して労働者を解雇しなければならない可能性があります。

パタヤとチョンブリ県公衆衛生局は、主に夜の娯楽施設からの毎日感染者が急増しているにもかかわらず、サンドボックスプログラムへの参加を要求するための措置を引き続き準備します。県は対処するのに十分なベッドを用意しており、18,000の「ホスピテル」ベッドと、代替の検疫施設に変換できる6,000のホテルの部屋を用意しています。

バンコク

バンコクの王宮夜景

タイホテル協会の会長は、バンコクは国の主要な玄関口であるため、サンドボックススキームに含める必要があると述べましたが、より厳格な措置とホテル経営者の協力を得て、ゲストを注意深く監視します。

ホテル経営者は、外国人旅行者とスタッフに在宅勤務を命じた政府機関による国内会議やセミナーの両方からの収入が不足するため、ホテルの見通しは、国が再開する前と同様に底を打つと予想されます。

パンガー 県

パンガー観光評議会の会長は、サンドボックスの県が増えると、Test&Goが利用できなかったためにタイをスキップすることに決定した観光客は、プーケットのサンドボックス以外の幅広い旅行オプションのおかげで考えを変えることができると述べました。

カオラックを訪れる観光客は通常、少なくとも14日間、最長1か月滞在します。パンガーのホテルの2月の占有率は現在の20-30%と比較して45%に達する可能性があり、Test&Goの停止による損失を相殺するのに役立ちますと述べています。

コメント