ワードプレス5.5にアップデートにはご注意を

ワードプレスイメージWordPress

Gutenbergブロックエディタは大幅に変更

ワードプレス5.5

WordPressに新しいバージョンがありますという表示がでて、さほど考えもせず「今すぐ更新」をクリックして5.5にアップデートしました。クラシックエディターは年内で終了しますし、今年の3月にクラシックからGutenbergブロックエディタに変更して、マイナーアップデートを繰り返してきましたが、特別問題もなく使用してきました。

ワードプレス5.5「エクスタイン」の新機能

ワードプレス5.5

ブロックの追加

ワードプレス5.5

ブロックを追加すると常時使用するアイコンが表示され、下部にあるすべてを表示をクリックするとブロックパネルが画面左側に表示されます。スクロールするとすべてのブロックを確認できます。このサイトはテーマをCocoonを使用しているためCocoonのブロックも表示されます。

ブロックのスタイル変更

ワードプレス5.5

段落ブロックのスタイルが変更できます。ブロックでストーリーを組み立てることができ変化が簡単につけれます。(このブロックは補足情報 (i))を使用。

段落ブロックのスタイルには補足情報(i)、補足情報(?)、補足情報(!) 、OK、NG、GOOD、BAD、プロフィール、プライマリー(濃い水色)、セカンダリー(濃い灰色)、インフォ(薄い青)、サクセス(薄い緑)、ワーニング(薄い黄色)、デンジャー(薄い赤色)、ライト(白色)、ダーク(暗い灰色)、白抜き(赤色)、白抜き(ピンク)、白抜き(紺色)、白抜き(青色)、白抜き(黄色)、白抜き(緑色)、白抜き(オレンジ)、付箋風(灰色)、付箋風(黄色)、付箋風(赤色)、付箋風(青色)、付箋風(緑色)の28種類が用意されています。

画像の編集

ワードプレス5.5

画像は従来のデフォルトに角丸が追加されました。

プレビューの種類

編集画面でデスクトップ、タブレット、モバイルのスクリーンサイズでプレビューができます。

画像の遅延読み込みスピード

WordPress 5.5では、画像がスクロールして表示されるまで画像の読み込みを待機させます。ユーザーがインターネットの速度が遅くてもウェブを閲覧しやすくなり、電気代も節約できます。

新しいサイトマップ

デフォルトでXMLサイトが含まれるようになり、サイトが公開したらすぐに検索エンジンが最も重要なページを発見でき、多くの人がサイトを見つけやすくなります。

不具合

AddQuicktagに不具合があるという報告を見かけます。特定のプラグインに不具合があるようです。テーマによって不具合もあるようですので、使っているテーマの情報を確認してからアップデートすることをおすすめします。

コメント