ワールドプレスのテーマをCocoon(コクーン)に変更

WordPress

1ヶ月ぐらい前にワールドプレスのテーマはスティンガー8プラス2が使いやすいという記事を書いたばかりなのですが、1ヶ月もしない内にテーマをCocoonに変更しました。

ブログをスタートさせてグーグルアドセンスの審査に合格することを最初の目標にしました。

アナリティクス(Analytics)とサーチコンソール(Search Console)に登録して、記事に不備がないかをチェックしていました。不備があるとサーチコンソールから連絡があります。

グーグルアドセンスの審査に合格してから、コンソールからAMPの問題で、必須の構造化データ要素のエラーがあると通達がありました。

モバイルでブログを閲覧する方が多い今、「AMP」が重要なことは理解しています。スティンガー8プラス2(STINGER PLUS2)は「AMP」はプラグインをインストールして使用します。

アドセンスの設定で、「AMP」の個別設定が使用していたテーマではできなくて、有料のテーマに変更すればできることがわかりました。

エラーがあるままではまずいので修正しなければなりません。取り合えず、「AMP」をオフにして、問題は修正されたましたが、今後「AMP」は益々重要になるし、サイトで調べていると、

Cocoon(コクーン)は無料テーマでありながら、「AMP」をプラグインなしで、使用できることがわかりました。

スティンガー8プラス2の管理画面の設定のおかげで、スムーズにブログの記事を書いてこれたのですが、有料テーマを使う程でもないと考え、変更するなら記事数が少ない方がいいので、思いきってコクーンに変更した次第です。

なんせワードプレス初心者なので、テーマ変更に四苦八苦しました。

コクーンは2018年発表されたテーマではダントツ人気で、制作者さんのサイトの説明も丁寧で解りやすいです。

テーマ変更して使用している方が多いので、使用方法についてはサイトにいくつもアップされていて、参考にできました。

コクーンも管理画面があって、タブで切り替えて設定を変更できます。「AMP」もプラグインなしで、簡単に設定できます。アドセンスの設定も様々な広告フォーマットを自由に選択できて、とても便利です。

ヘッダー部分は設定が前のテーマとサイズなども違うので、新たに制作しました。私の勉強不足ですが、以前のメタキーワード、メタディスクリプションが反映されていません。このあたりは今後の課題です。

ワードプレス初心者の方にも管理画面で設定できるので、Cocoon(コクーン)はおすすめです。

コメント