2021年11月1日以降のタイ渡航にThailand Pass

バンコク王宮、ワットプラケオビザ

タイ入国に必須だったCOE(タイ入国許可証)の代わり

今までタイに入国するためにCOE(タイ入国許可証)が必要でした。本ブログでもCOEの記入方法をアップしていますが、申請をして書類に不備がなかったら、航空チケット、AQホテル予約を再度アップロード。問題がなければCOEが発行されていました。2回リターンがあるため、7日以上の日数が必要でした。

2021年11月1日から空路で入国する日本を含む46ヶ国からの新型コロナウイルスワクチン完全接種済みの旅行者を、隔離検疫なしで受け入れます。これに伴い入国の際、COEからThailand Passに変わることになりました。現在過渡期にあり、在京タイ王国大使館公式から情報をまとめます。
在京タイ王国大使館公式HP

タイ入国申請方法

2021年11月1日以降にタイ渡航予定の方に対して、タイ王国外務省はタイ入国申請の新規システム「Thailand Pass(tp.consular.go.th)」の運用を開始致します。

Thailand Passの運用開始日

10月25日まではThailand PassのサイトはComing Soonでした。26日現在、2021年11月1日の09.00に登録を開始します。 旅行日の7日前までに、タイの新しい電子エントリードキュメント(タイランドパスQRコード)に登録します。
タイランドパス

現在の申請方法

1. 2021年11月1日以前または以降にタイ渡航予定の方で既にCOEを受領した方は、新規システムのThailand Passにて再登録する必要はなく、発行済のCOEを使用して入国することが可能です。

2. 2021年11月1日~10日にタイ渡航予定の方で既にCOEを登録申請している方は承認をお待ち頂き、新規システムのThailand Passにて再登録する必要はなく、発行されたCOEを使用して入国することが可能です。

3. 2021年11月1日~10日にタイ渡航予定の方でCOEの登録申請がお済でない方は、2021年10月28日までに現COE申請システム(coethailand.mfa.go.th)にてご登録下さい。

4. 2021年11月11日以降にタイ渡航予定の方でCOEの登録申請がお済でない方は、2021年11月1日に運用開始される新規システムの Thailand Pass (tp.consular.go.th) にて渡航予定日の7日前までにご登録下さい。

新システムThailand Passの運用開始が11月1日のため、11月1日~10日にタイ渡航予定の人は10月28日までに現COE申請システムで登録。

現在申請中のCOE

11月1日に日本からバンコクに帰国する友人のCOEの申請を行っています。日本が隔離なしと決定した10月21日に申請を行いました。書類に審査は今まで3日ぐらいでリターンが返ってきましたが、現在のシステム変更に伴い、本日26日に入国許可するので、航空券、ホテルの支払い済予約確認書をアップロードしてください。のリターンがきました。アップロードは完了したので、あとはCOE許可証を待つだけです。大使館からのメールは夜8時だったので、過渡期で夜遅くまで対応されています。

Thailand Passの記入方法は運用開始してから記事にします。

コメント