バンコク サイアム~チットロムのショッピングモール

バンコクのMBKショッピングモール

非常事態宣言は7月末まで続きますが、制限緩和第5フェーズに入り、日常生活も随分落ち着いてきました。2020年7月11日現在のコロナウイルス感染者数は新規感染者が14人で、全員が海外からの帰国者。タイ国内では47日連続で感染者は確認されていません。

ショッピングモールの現在の様子

国内旅行のキャンペーン中で、4連休もあり人々の移動も活発になっています。観光客がいないバンコクの一番のショッピングエリアのSiam(サイアム)からChit Lom(チットロム)にかけてウィークエンドに散策しました。

Siam(サイアム) MBK

バンコクのMBK

BTS National Stadium(ナショナルスタジアム)駅4番出口を出るとすぐの東急百貨店も併設されているMBKです。携帯電話、ゲーム、雑貨、お土産物、ファッションまで幅広く取り揃えています。コロナ感染拡大以前は、観光客で賑わっていましたが、エスカレーターを見て分かりますがさすがに人はあまり多くないです。

Siam Discovery(サイアム・ディスカバリー)

バンコクのサイアムディスカバリー

MBKからスカイウォークを渡ったらすぐです。スカイウォークには多くの学生が写真撮影をしています。サイアム・ディスカバリーは個性的なショップが多く、イッセイミヤケ、Y’s、コムデギャルソンなどの日本人デザイナーのショップもあります。常時混んでいるわけではなく、通路として利用している人が多いです。

Siam Center(サイアム・センター)

スポーツブランドのショップが多く、観光客で賑わっていたコスメティックのショップは閑散としています。全体にコロナ感染拡大以前より人は少ないです。個人的にはサイアムセンターのフードコートはリーズナブルで気に入っています。

 Siam Paragon(サイアム・パラゴン)

バンコクのサイアムパラゴン

BTS Siam(サイアム)駅からも多くの人がサイアムパラゴンに向かいます。私はサイアム・センターのB階からサイアムパラゴンに入りましたが、フードエリアのカフェ、飲食店も満員です。セール中という事もあり、多くのタイ人で賑わっています。

セントラルワールド

バンコクのセントラルワールド

サイアム・パラゴンからスカイウォークを歩いてセントラルワールドに向かいます。スカイウォークも以前ほどではないですが、多くの人が歩いていて、半分以上の人がセントラルワールドに入って行きますが、店内は思ってた以上に人が少ないです。5月末よりは人は戻りつつありますが。

バンコクのセントラルワールド

セントラルワールド前の空きスペースで鮮魚のイベントも開催されていますが、コロナ感染拡大以前と比較するとびっくりするほど人は少ないです。Rama1世通りは渋滞していますが、Rachadamri(ラチャダムリ通り)は相変わらず交通量は少ないです。向いのBigCの駐車場に観光バスが戻ってこないと厳しいようです。

サイアムパラゴンの人気を見るとセントラルワールドは集客に陰りがでています。8月末に閉店する伊勢丹の後はアーバンブランドの集積店の予定で、リニューアルに期待です。

サイアムパラゴンのMap

コメント