タイ プーケット島全体を封鎖

タイのクラビ島旅行

プーケット「サンドボックス」は継続

タイの新型コロナウイルス・パンデミックが急増しているにもかかわらず、 プーケットの「サンドボックス」は継続です。新規感染者は増えていますが、 パンデミックの中、経済的に生き残るのに苦労している人々の生命線であり続けています。

他県からの旅行者は禁止

2021年8月3日から、生活必需品、学生、救急医療サービスを輸送する人々を除いて、他県からプーケットへの旅行を禁止されます。入島チェックポイントで、ワクチン接種証明書、 陰性のCovid-19検査証明書を提示する必要があります。

プーケットの現状

プーケットは、県内のCovid-19感染をうまく制御しています。7月1日のプーケット「サンドボックス」の開始以来、ワクチン接種を済ませた旅行者は12,395人が到着しており、その内30人の感染者が確認され、隔離されています。

疾病管理局(DDC)は 過去1週間に合計148人の症例がプーケットで確認されたと述べました。すべて他県から持ち込まれました。ダークレッドゾーンなど危険度の高い他県で働き、プーケットで仕事を見つけることを期待して島に戻ったり、治療のために戻った住民もいます。すべての感染者は現在隔離されています。

プーケットの医療システムは現在、そのキャパの36%で人工呼吸器を必要とする深刻なケースなしで、新規の患者を受け入れることができます。

今後の展望

タイ国政府観光庁(TAT)は プログラムが長期的に持続できるように、警戒を怠らず、今後7日間の毎日の感染を減らすよう努めなければなりませんと述べました 。

県は予防措置を強化し、デパート、ショッピングモールを7日間閉鎖、学校の閉鎖を8月中旬まで延長、100人以上の集団集会を禁止、市場のスペースを1平方メートルあたり4人に制限しました。

県のホテル予約は7月から9月の間に合計278,623泊に。

その数は、パンデミック前に記録された月間100万人の旅行者とはかけ離れていますが、島に希望を与え、職を失い生計を立てようと奮闘している人々を魅了しています。

アンダマン海の他の地域

サムイ島

サムイプラス」は2021年7月15日(木)にスタートしました。 7月26日現在、サムイプラスに登録したワクチン接種を受けた観光客の数はわずか64人でしたが、プーケットでの14日間の必須滞在を終えてサムイでの休暇を続けた人は158人でした。

クラビ

タイのクラビ島

ダークレッドゾーンの県であるクラビは、プーケットからの観光客にCovit-19フリーの島々を開放する準備をしています。ほとんどの県と同様にワクチン接種率は低いです。内閣は、プーケットで7泊した後、 プーケット「サンドボックス」 からの観光客がクラビとパンガーに旅行できるようにする計画を承認しました。

クラビはワクチン接種済の外国人到着者に指定された10のパイロット目的地の1つですが、70%のワクチン接種率がなければ、プーケットのように再開することはできません。

アンダマン海のより多くの島々がプーケット「サンドボックス」が生き残ることを望んでいます。タイ全土での新型コロナウイルス感染者の急拡大でアメリカ合衆国、EU、およびアジアの一部の国がタイを安全な旅行リストから格下げしたため、 プーケットが安全に旅行できることを国際社会に納得させるには2倍の努力が必要です。

コメント