東京パラリンピック2020の開会式はAIS PLAYで

オリンピックイベント

2021年8月24日~9月5日まで

東京オリンピック2020に次いで8月24日にパラリンピック2020の開会式が国立競技場で開催されました。タイでオリンピックは地上波でのライブ放送がありましたが、パラリンピックは地上波の放送は無しで、AIS PLAYでライブ放送がありました。

スマホで見るのは画面が小さいので、PCでNHKオンデマンド放送で視聴しました。

AIS PLAYの視聴方法

スマホでAIS PLAYのアプリをインストールします。ログイン画面が表示されるので、AISで契約している電話番号を入力します。パスワードはSMSに送信されます。入力が完了するとAIS PLAYの視聴ができます。開会式だけではなく、競技の視聴ができます。

タイ パラリンピックの選手団

東京パラリンピック2020の開会式の選手入場はオリンピック同様、入場の国順は「あいうえお」順でした。タイはスーツ着用です。

タイ代表はテコンドー、アーチェリー、バドミントン、車いすフェンシング、ウェイトリフティング、水泳、卓球、車いすレース、サイクリング、射撃、車いすテニス、ボッチャ、ブラインドフットボール、柔道の14競技に77人の選手が出場します。

NBT HD2チャンネルのスポーツニュースのコーナーで、タイ選手団のタイ出発、日本到着の練習風景が放送されました。8月18日に第1陣の選手団28人が8月21日には43人が東京に到着しました。

ブラインドサッカー

ブラインドサッカーは、フットサルをもとにルールが考案されたスポーツで、視覚を完全に閉じた状態でプレーします。タイ代表はブラインドサッカーに出場します。

2021年1月のワールドランキングで、タイは13位、日本は12位です。1位:アルゼンチン、2位:ブラジル、3位:スペイン、4位:トルコ、5位:中国、6位:イラン、7位:イングランドです。

パラリンピック出場国

A組:アルゼンチン、モロッコ、中国、フランス
B組:タイ、ブラジル、日本、スペイン

●8月29日 PM5:30:タイ VS スペイン
●8月30日 PM2:30:タイ VS モロッコ
●8月31日 PM2:30:タイ VS アルゼンチン

ブラインドサッカーならではのルール

ボールの大きさはフットサルボールと同じですが、ブラインドサッカーのボールは内部に金属のプレートが取り付けられており、転がると音が鳴る構造です。「シャカシャカ」という音によって、フィールドプレーヤーたちはボールの位置や転がり方を把握することができます。

フィールドプレーヤーはボールを持った相手に向かって行く時に、「ボイ!」と声を出さなければなりません。

敵陣ゴール裏に「ガイド」と呼ばれる役割の人が立ちます。主に攻めている場面で戦術的な指示を出したり、相手や味方の位置やゴールまでの距離、シュートのタイミングなどを声で伝えたりします。また、GKは晴眼者または弱視者が務め、自陣での守備について選手に声で指示を出したり、ゴールスローで攻撃の起点にもなります。

ブラインドサッカーはリオ・オリンピックの試合で視聴しました。地元サッカー大国ブラジルの4連覇でした。

コメント