タイ チェンマイの観光再開計画

チェンマイイメージ旅行

観光再開プログラムはCharming Chiang Mai(チャーミング・チェンマイ)

タイ北部の観光都市チェンマイは当初、9月から海外からの観光客の受け入れを再開する予定でしたが、ワクチン接種の遅れなどから10月1日再開を目指しています。

ワクチン接種状況

プーケットは島が70%以上のワクチン接種率を達成したため、観光客に開放されましたが、チェンマイはほとんどの県と同様に、Covid-19ワクチンの割り当てを待っています。

8月9日の時点で、県のパイロット目的地として設定された4つの地区は、104,749の必要なワクチン接種量に達していませんでした。ムアン、メーリム、メーテーン、ドイタオは、それぞれ住民の50%、34.7%、24%、29%にワクチンを接種しています。

ワクチン規制は再開スキームに参加したいオペレーターとコミュニティにSHA Plusの認定を義務付けているため、オペレーターは特定の健康と安全の基準を遵守し、少なくとも70%の接種が必要です。

チェンマイの観光収入

2019年、チェンマイはタイ北部で最も多くの観光収入を得て、タイ全体で4位にランクされ、1,080万人の観光客から1,090億バーツを得ました。そのうち、31%は海外からの観光客で、主に中国、韓国、台湾そして香港とアメリカ合衆国でした。

観光収入の多くは国内観光客からのもので、観光客が県を越えて旅行することができないCovid-19の発生により、チェンマイのホテルの平均占有率は5%未満にまで低下しました。これは、以前の年平均74.4%とは対照的です。

チャーミングチェンマイ

プーケット「サンドボックス」のアプローチとは異なり、観光客はパッケージツアーで封印されたルートを移動する必要があります。

現在、観光事業者とTATは、ゴルフツアー、健康とウェルネス、医療パッケージ、家族向けプログラムなど、テーマの異なる9つのプログラムを用意しています。

この計画では、観光客はCovid-19の検査結果を待つ間、初日はホテルの部屋に滞在する必要があります。2日目から、事前に予約したプログラムの下でどこにでも旅行でき、チェンマイで2週間を終えると他の県に旅行することができます。

現在の問題点

現在、チェンマイには969のホテルとサービスがSHAの認定を受けていますが、これまでにSHAPlusを達成したのは17のホテルと12のレストランだけです。

もう1つの障害は、コロナパンデミックの前に主にアジア諸国からの直行便です。この地域ではコロナウイルスが広く蔓延しているため、この市場を取り戻すことは困難であり、県はチャーターされたサービスを提供する代わりに長距離市場に焦点を移さなければなりません。

観光事業者と世界中の27のTATオフィスが協力して、パートナーエージェントに封印されたルートでのパッケージツアーを手配するよう説得する必要があります。国際市場を再び成長させるのに時間がかかる可能性があります。

今後の見込み

県は最初の月に4,320人の観光客から1億5800万バーツを稼ぐと予想していると述べました。これは、1日3便の国際線を利用できる最良のシナリオです。

チェンマイは依然として国内市場に大きく依存しなければならないため、この冬、観光業はそれほど変わらないようです。

新型コロナウイルス陽性者が減少すると、国内の旅行者は、数ヶ月にわたる封鎖から解放されるために、お気に入りの冬の目的地であるタイ北部を訪れます。しかし、長引くパンデミックが家計の債務を悪化させ、特に第3四半期に新たな感染がピークに達したため、観光客の購買力が懸念事項です。

コメント