バンコク近郊ノンタブリーのパンティップ・プラザ に行く

ノンタブリーのパンティップ・プラザショッピングモール

PCR検査の結果を待つ間、近所を散策

日本に一時帰国する、72時間前のPCR検査の結果が解るまで、3時間以上あったため、病院の近所を散策しました。病院の中は公立病院という事もあり、スタバなどのカフェもなく、フードコートがあるだけです。

最寄り駅のMRT Ministry of Public Health駅の方へ戻ると、KFC、かつやなどの集積したフードモールがあります。Google Mapでパンティップ・プラザを見つけたのでバンコクと同じようなモールか興味がわき歩いて行くことにしました。

Tiwanon Rd(ティワノン)通り

MRTはPCR検査を受けたBamrasnaradura Infectious Diseases Institute(バムラットナラデゥーン感染症研究所)に行く通りの交差点で左にカーブしていきます。Tiwanon Rd(ティワノン)通りを北へ歩きます。この通りには何軒もカフェがあります。

Rattanathibet Rd(ラタナチベト)通り

この交差点を右に進むとパンティップ・プラザがあります。左にはエスプランデ シネプレックスがあります。この通りはバンコクからの基幹バスルートのようで、数多くのバスが運行しています。

陸橋、バス停もリニューアルされています。バンコクもバス停はリニューアルされていますが、陸橋は古いままです。ブルーにペイントされた陸橋は目を引きます。

パンティップ・プラザ

通りをさらに歩き高速を超えるとパンティップ・プラザです。プラプラ歩いていますが、交差点から20分以上はかかりました。モールの前もローカル感が漂います。

正面入り口にはPantipのサインがあります。

店内

かつてのバンコクのパンティッププラザは、PC、携帯、ゲームなどのIT関連の集積地でしたが、ノンタブリーのパンティッププラザはローカルの普通のショッピングセンターです。

1階はディスカウントの衣料品が並び、飲食店も並んでいます。上の階へ行くとPC、携帯のフロアーもありますが、シャッターが下りているところも全フロアーにあり、コロナの影響もあるのか少し寂しい雰囲気です。

私はPCのフロアーに長くいました。Windows11が昨年発売されたので、10の価格がディスカウントされているかのチェックしてです。今買うならWindows10を購入して11にアップグレードするのもいいかなと考えています。

他のフロアーは特に特徴的な店舗もなく、サラッと見てからまた歩いて病院へ戻りました。時間があったので、交差点の左にあるモールにも行きたかったのですが、この日は気温が高くて疲れてしまいました。初めての街を散策するのは色んな発見があって楽しいです。

ノンタブリーのパンティップ・プラザのMap



コメント