バンコク クリスマスの雑感

ショッピングモール

12月25日クリスマスが終わりました。日本の場合、商業施設はクリスマスが終わると一斉にツリー、リース、オーナメントなどクリスマス関連は撤去。お正月の飾りつけに変わります。

ディスプレイの仕事をしていた時は、12月25日はクリスマスからお正月に変わるので、いつも徹夜の作業でした。

欧州、アメリカなどキリスト教の国は、クリスマスが終わって、新年の6日に撤去されます。バンコクも年が変わってからの撤去です。3年前に来た時もそうでした。日にちは覚えていないのですが。

昨日はMRT Thailand Culture Center(タイカルチャーセンター)のThe Street Ratchada(ザ ストリート・ラチャダ)に行きました。ここも徒歩圏内で、たまに行きます。
通常は商業施設の前のスペースは、駐車スペースとして利用されているので閑散としています。

12月2週目からビアガーデンがオープンして、ここで人が入るのかなぁ?と思っていましたが、バンドのライブ演奏もあり、盛況でした。

Rama9のフォーチュンタウンのスペースにもビアガーデンが12月1周目からオープンしていて、こちらもライブがあり、盛況です。

クリスマスツリーやアーチのオブジェがインスタ映えするので、多くの人が写真撮影をしています。

バンコクのいろんな場所にクリスマスディスプレイを見に行きましたが、巨大ツリーが設置されていて、元々建物はライトアップされているので、街中にイルミネーションが点灯し、相乗効果もあり、素敵な空間を創り出しています。

ツリーは暑い国ですから、モミの木の使用はありませんが、どのツリーもオーナメントやライティングなどでゴージャスな雰囲気が演出されていました。

今の時代インスタ映えがポイントです。普段は人が少ないストリート・ラチャダもSNSで拡散されて多くの人が訪れたのでしょう。

上記の写真はシーナカリンのシーコン・スクエアの催事スペースです。俯瞰で見ると家やBOXのレイアウトが可愛いです。ここの催事スペースは毎月企画が変わり、楽しそうなイベントのようですが、少し遠いのが難点です。

タイのクリスマスプレゼントですが、25日に限定されているわけでもなさそうです。今日もラッピングコーナーでプレゼントの用意をしていましたし、ギフトは継続して陳列されています。

クリスマスディスプレイは継続中ですが、次のイベントは12月31日のカウントダウンです。セントラルワールドに行く予定にしています。

▼ザ ストリート・ラチャダのMap

コメント