バンコク ショッピングモール9月1日から営業再開

バンコクRama9フォーチュンタウンショッピングモール

店内飲食も再開

Covid-19状況管理センター(CCSA)は厳格な疾病管理下で、「ダークレッドゾーン」の飲食店、ショッピングモール、スタジアム、公園などの再開を9月1日から許可しました。

フォーチュンタウン

バンコクRama9のフォーチュンタウン

Rama9でいつも日常の買い物をするフォーチュンタウンに昼間行きました。フードコート、飲食店、2・3階のモバイルショップなど営業再開していました。平日にもかかわらず多くの人が訪れています。

デリバリーサービスの利用のみだったファーストフード店も店内飲食、テイクアウトを待つ人が結構います。1ヶ月間、デリバリーサービスかショッピングモール以外の路面店のテイクアウトのみだったので、やっと店内飲食ができるという感じです。

セントラルプラザ

バンコクRama9のセントラルプラザ

規制の間、B1のトップスマーケットのみ営業で、薄暗い店内でしたが、セントラルプラザも再開。多くの人が訪れています。通常は7月8月はSaleの時期で多くの人がショッピングを楽しみます。9月にはSale商品は入れ替わりますが、スペースの半分はSaleをしています。

1ヶ月間ショッピングはオンラインのみだったので、たくさんの買い物袋を提げている人も多くいます。実際商品を手に取って、チェックして買うのは楽しいですから。ショッピングモール内の映画館が再開されるのは先になります。

セントラルグループのコロナウイルス対策

  • 保健省疾病管理局による「D-M-H-T-T」対策を厳守
  • すべての顧客、従業員に常時マスクを着用
  • 入店前の体温チェック
  • アルコールジェルは店内のすべての場所に設置
  • 毎週、無作為の従業員にATKでコロナウイルス検査
  • 閉店後、売場やエスカレーターの手すりなどを消毒剤とUVC装置で定期的に清掃・殺菌。顧客が直接手に触れた商品は使用後にオゾンで殺菌。
  • 空調システムにおいてオゾンとUVCによる殺菌を常時行い、空気循環システムの空気交換回数を10回以上に制御。
  • 出入口とサービスエリアに距離を置くスポットを設置。(訪問者の数を5平方メートルあたり1人以下に制限)
  • 現金はすべての紙幣をオゾンとUVCで殺菌。

夜間外出禁止令の短縮、 解除は?

プラユット首相は8月1日水曜日に、Covid-19の状況に応じて「ダークレッドゾーン」の夜間外出禁止令が短縮または解除される可能性があると述べました。

変更されていないPM9時~AM4時の夜間外出禁止令については、感染者数、死亡者数、その他の状況の深刻さの兆候に応じて、短縮または完全に解除できると述べました。

コメント