タイ ロータスがサイアム・マクロの傘下に

タイのロータスショッピングモール

Siam Makro(サイアム・マクロ)はCP(Charoen Pokphand)グループ

タイ全土でチェーン展開していたテスコロータスはロータスに名称・ロゴ・コーポレートカラーが変わりました。サイアム・マクロは約2,000の店舗を持つタイとマレーシアのロータスチェーンの76%の株式を取得することになり、管理するために2180億Bの取引を行います。この計画を発表した後、Siam Makro Plcの株価は24%も急増しました。

Lotus(ロータス)の変遷

タイのロータス

ロータスは、1994年にCPによって、TescoPlcをパートナーとして設立されました。タイの会社が1990年代後半のアジア金融危機に見舞われた後、英国内最王手のスーパーマーケットTesco(テスコ)が支配権を買いました。ロータスは、食料品店、大型スーパーマーケット、コンビニエンスストアなどのアウトレットを運営しています。

2020年、英国のTescoは、CP AllとSiam Makroの分離の強化などの条件に基づいて、タイの独占禁止法機関の承認を必要とする106億ドルの取引で、その株式を売却しました。交換声明によると、入札と株式の交換後、サイアム・マクロはロータスの76%を支配することになります。

CP(Charoen Pokphand)グループ

サイアム・マクロの最大の株主は、CP(Charoen Pokphand)チャロエン・ポクファンド・グループです。このグループは、東南アジア最大の動物、飼料および食肉加工業者であり、タイのセブン・イレブンコンビニエンスネットワークを運営し、True Corp Plcのワイヤレスネットワークを制御し、様々な不動産開発を行っています。

CPグループの小売および卸売事業は、すでに中国、マレーシア、インド、カンボジア、ミャンマーに複数のブランドとフォーマットで337店舗を展開しています。

SCBセキュリティーズ社のアナリストはサイアム・マクロはチャロエン・ポクファンドの「 CPグループの企業と協力して、小売業の専門知識を活用、資産管理を改善し、収益を増やし、コストを最適化することができます。と述べました。

CPグループは再編、拡大を目標

タイ国内最大のアグリビジネスコングロマリットであるCP(Charoen Pokphand)グループは、SETに上場している子会社であるSiam Makro Plcが運営する小売店および卸売店の数を急速に拡大すると述べました。

すべての人員配置、管理、日常業務、ビジネスフォーマット、ポジショニング、ターゲット顧客、およびサプライヤーは、以前と同じように維持され運営されます。

世界中の小売事業が、何万人ものタイの小規模農家、製造業者、中小企業が国際市場で製品を提示できるプラットフォームとして機能することを望んでいます。世界市場、特に生鮮食品や農産物のタイ製品の小売店を増やすことは、「世界のキッチン」になるというタイの夢を実現するための重要な部分です」と述べました。

ロータスには買い物によく行きますが、以前よりCPの製品が増えました。

コメント