バンコク近郊 MEGA BANGNA(メガバンナー)に行く

ショッピングモール

IKEAも入店しているバンコク近郊のSamutprakan(サムットプラカーン)のメガバンナーに行きました。

5月1日はタイではNational Labour Day(レイバーデイ)で祝日で一般企業のみが休みです。レイバーデイは労働者の日で、日本ではメイデーにあたります。

一般企業が休みなので、道路は空いているかと思いましたが、通常通り混雑していました。

Rama9から乗換なしで行ける206番のバスを待っでいたのですが、30分待っても来ないのでMRT Sukhumvit(スクムウィット)駅まで行き、38番のバスでメガバンナー近くまで行きました。

バス停から歩いていると、Thai watsadu Bangna(タイワサドゥ・バンナー)という大型店舗が目に入りました。


トップス・マーケットも入店している、天井はスケルトンで体育館のように広い大型ホームセンターです。

タイではホームプロしか知らなかったのですが、タイワサドゥは建材、塗料、工具、タイル、ねじ、ユニットバス、トイレタリーに至るまで、様々な種類の商品が揃えられていて、日本のDYIのホームセンターに似ています。

電化製品も販売されていて、価格もかなりリーズナブルです。店舗の前の広いスペースは園芸、グリーンも販売されています。

この後、2012年5月にオープンしたメガバンナーに向かいました。バンコクには巨艦ショッピングモールは数多くありますが、ここは格段に広い敷地面積でIKEAが入店しているのがポイント高いです。


バスターミナルの方から入ったので、BicCを通り、ファッションゾーンからIKEAに行きました。Robinson、Home Proの大型店の他、お馴染みのユニクロ、ZARA、H&Mなども入っています。

MRT パープルラインのIKEA Bang Yai(バンヤイ)店に行った時は、わりと空いていたのですが、今日は祝日ということもあり、大勢の人で賑わっていました。


商品構成、ゾーンイングはグローバル企業なので、バンヤイ店、日本ともほぼ同じです。ショッピングモールに隣接しているバンヤイ店より、大阪鶴浜店とゾーイングは似ていて、個人的にはこちらの方がショッピングしやすいです。

IKEAに行くまでのフードゾーンは日本料理の店舗も多く、PAULなどのお洒落なカフェもあります。

このゾーンは郊外のショッピングモールに多く見られるグリーンが多く使用されています。庭園をイメージしていて、ショッピングに疲れたら、グリーンに癒されます。

メガバンナーは800店舗以上のお店があり、シネマもありフードも充実しています。広すぎて疲れ果てますが。

BTS Udom Suk(ウドムスック)駅から無料シャトルバスが運行しています。

▼MEGA BANGNA(メガバンナー)のMap

コメント