タイ 2020年4月3日から 夜間外出禁止

バンコクの王宮夜景環境

タイ全土でPM10時からAM4時まで

2020年4月2日PM6時からプラユット首相が会見で、新型コロナウイルス感染拡大抑制のため、4月3日よりPM10時からAM4時までを外出禁止にすると発表しました。

4月1日からバンコク都がコンビニの深夜営業禁止を発表していて、深夜0時からAM5時まで閉店していました。バンコク以外の県も深夜営業禁止になっていたので、夜間外出禁止もさほど驚きはしませんでした。

非常事態宣言の具体的な措置の一環で、違反すると罰金が課せられます。
非常事態宣言が発令されてからは夜間は人通りが減っていて、コンビニの深夜営業禁止になって、昨夜9時頃でも歩いている人は少ないです。治安も悪くなるしタイの方も夜は家にいるようです。

MRT・BTSの運行はPM9時半まで

PM10時からAM4時までを外出禁止に合わせて、MRT・BTS・ARLは最終電車(駅の閉鎖時間)が9時半になります。バスも同様です。

プーケット

非常事態宣言に基づいての夜間外出禁止ですが、人気のリゾート地ププーケットでは既にPM8時~AM3時まで外出自粛要請が出されていました。
プーケットへ繋がる陸路と海路は既に閉鎖されていて、プーケット国際空港は、4月10日から30日まで閉鎖されます。

またこの閉鎖に伴い、4月4日から新型コロナウイルス対策で使用しているホテルを除いて、全てのホテルが閉鎖されます。今後ホテルは新規宿泊客の受付は停止になり、現在宿泊客がいるホテルは、そのまま滞在させることができますが、人数と指名を地区事務所へ報告しなければなりません。

プーケットでは4月3日に新たに13人の新型コロナウイルス感染者が確認され、これまでの感染者の合計が100人になったと発表されました。

先日ニュースで大型クルーズ船がプーケット港に入り、プーケット国際空港から乗客が帰国しました。このニュースの後すぐに陸路と海路の閉鎖が発表せれました。

タイ政府が海外在住タイ人に帰国延期要請

2020年4月3日、タイ政府は海外在住タイ人に向けて、タイへの帰国を4月15日以降に延期するよう要請しました。

日本でも海外からの帰国者にPCR検査を実施すると発表され、海外からの感染拡大の防止に努めています。タイも同様で、先日イタリアから3000人が帰国するのにチャーター機を用意と発表されました。

タイも今、感染状況は重大な局面ですので、厳しい措置が取られています。
4月3日現在、新たに確認された感染者数は103人で、これまでの合計は1,978人。死亡者は4人増加して、合計19人。581人は既に回復して帰宅しています。

夜間外出禁止発令もだされましたし、なるべく家にいるようにして、手洗い、うがいを心掛けて過ごす以外ないです。

コメント