バンコク BRT運行の今後

バンコクBRT電車・車

Sathorn(サットン)駅~Ratchapruek(ラチャプルゥク)駅まで運行

BRTはBTS Chong Nonsi(チョンノンシー)駅近くのSathorn(サットン)駅から、BTS Talat Phlu(タラット・フル)駅近くのRatchapruek(ラチャプルゥク)駅間12駅をバス高速輸送システムという専用レーンを走行します。

BRTは2010年5月に導入され、利用者が少なく2017年に廃止が決定されましたが、利用者の要望もあり、継続して運行を続けることなったという経緯があります。前知事はBRTを運行継続をしただけで、ルートの改善もなく、ルートに沿いの交通問題が続きました。現在、BRTサービスを運営は民間企業が保有しています。バンコク都知事は2023年8月31日に運営が期限切れになる前に、BMAの投資部門であるクルンテー プ・タナコムにプロジェクトを見直すよう命じました。

バンコク都の考え

バンコクBRT

BMAがこれまでBRTのサービスを継続することに消極的でしたが、バンコク都がBRTをもう一度見直すというのは 知事が選挙運動中に市の公共バスサービスを近代化することの利点を称賛したこともあります。公約に照らして、バンコクの住民は現在、知事が実際的なビジネス計算を使用するのではなく、市の交通網全体を改善するためにの熱意と理想主義を適用することを期待しています。

BRTの問題点

バンコクBRT

BRTの既存のインフラストラクチャーに関しては、バスが25台しかないことを除けば、BRTの停留所の大半には安全機能がありません。多くの停留所十分な照明がなく、監視システムもありません。BMA は、安全で便利に使用できるように、緊急にアップグレードする必要があります。

バスの運転者が本当に望んでいるのは、BMA の職員と交通警察が協力して、バスが自由に運行できるようにすることです。制限された車線が渋滞して、交通違反者がBRTの車線に入るのを防ぐことです。 BRTにはまだ改善の余地があるので、チャドチャート知事が公を実現できるかどうかです。

私もBRTに乗車して始発から終点まで乗ったことがあります。Rama3世橋を渡り終えるとBRT専用レーンがなくなります。渋滞に巻き込まれて終点まで専用レーンがあったらなぁと思いました。

BRT Ratchapruek(ラチャプルゥク)のMap

コメント