タイ プーケットは2021年7月1日よりサンドボックス開始

タイのクラビ島旅行

ワクチン接種済みの外国人旅行者を隔離検疫なし

2021年5月27日タイ国政府観光庁(TAT)の総裁は、プラユット首相が「サンドボックス」を許可したことにより、プーケットでは7月1日からワクチン接種を受けた外国人旅行者の受け入れを開始することを確認しました。

サンドボックスとは

新型コロナウイルスに対する完全なワクチン接種(ワクチン証明書・ワクチンパスポート)を受け、プーケットに到着した時点でPCR検査で陰性と確認された外国人旅行者は、プーケットで14日間を過ごした後、自由にタイ国内を移動できるようになります。

滞在期間は14日間

当初プーケットでの滞在期間は7日間と言われていましたが、14日間に決定。アジア諸国からの観光客の旅行社によると、通常プーケットに5日以上滞在する人が少ないので、予約がないということです。

現在のプーケット

新型コロナウイルスのパンデミックにより、海外からの旅行者は入国できず、その後隔離検疫が行われた15ヵ月後、プーケット「サンドボックス」に沿って海外観光客が到着するまで、残り5週間程です。

旅行業界は、何ヶ月もビジネスがなかったり、国内市場に依存したりした後、期待に満ちています。インフラストラクチャを準備し、スタッフを再教育し、健康と安全に関する新しいガイドラインを実施するよう旅行業界に助言しました。

プーケットは、観光を再開するためのサンドボックス計画によると、県は少なくとも466,587人、または県人口の70%、つまり933,174回分のワクチンを接種する必要があります。プーケットのワクチン接種は4月22日に始まり、5月と6月に2回のワクチン接種が行われます。

現在、島の人口の70%という目標のうち、人口の50%にワクチンを接種しました。

ワクチン接種の予約システムにまだサインインしていない 80,000 人は、プロセスを迅速化するために、今すぐサインインするよう求められています。首長や村長などの地元の指導者は、人々にワクチン接種を促すために戸別訪問を行います。このアプローチは、県庁舎で開かれた会議で合意されました。またプーケットの地元住民ではない労働者や居住者も予防接種を受けることができます。

外国人旅行者

タイ国際航空は、7月1日からの外国人旅行者受け入れに向けて、パリ、フランクフルト、ロンドン、コペンハーゲンからプーケット行き直行便の予約を開始しています。

プーケットへの最初の到着は、英国、フランス、ドイツ、スカンジナビアが先行すると予想されます。

ヨーロッパは大きな市場で、年末のピークシーズンを見据えて、コンサルティンググループ C9 ホテルワークスは、旅行者の 35~40%は北ヨーロッパ、東ヨーロッパ、西ヨーロッパの寒い国から来る可能性が高いと述べています。

コメント