バンコク 39番のバスでトゥーパテミー・スタジアムに行く

サッカー

3月31日(日)PM7:00~ T2 7節 Dhupatemiya Stadium(トゥーパテミー・スタジアム)でAir Force United(エアフォース・ユナイテッド) VS Police Tero FC( ポリス・テロ FC)の試合を観戦しました。

エアフォース・ユナイテッドのホーム、トゥーパテミー・スタジアムは、バンコク郊外のパトゥムタニー県ランシットにあります。ドンムアン空港の北です。

エアフォースは2018年タイリーグT1を18位でシーズンを終了し、今季はT2でのシーズンを戦います。トゥーパテミー・スタジアムは初めて行くスタジアムです。

対戦相手のポリス・テロ FCのBoonyachinda Stadium(ボーニャチンダ・スタジアム)スタジアムはLak Si(ラクシィ)にあり、昨年1度観戦に訪れています。

いつもの様にバスで行くことにしました。Rama9から185番のバスでも行くことができます。Google Mapでは15分で来ると表示されますが、以前もバスをかなり長く待ったことがありますがなかなか来ませんし、ラチャダ通りが渋滞すると時間がかかります。

Chatuchak Park(チャトゥチャックパーク)のバス停からはルート34、39、503番がスタジアムまで行きます。

34番のバスが来たので乗りました。行き先は予めタイ語で用意しています。車掌さんに見せるとOKということだったので、安心して乗っていると、Phahon Yothin(パホンヨーティン)のバス停でここで降りて、乗り換えなさいと言われました。34番のバスはルートが4種類あるので、どうも目的地に行かないバスに乗ったようです。以前もこの様なことがありましたが。

パホンヨーティンで待っていると、5分ぐらいで39番のバスが来ました。クーラーなしの車両だったので、料金は均一のため、行き先は告げません。

Google Mapでチェックしながら、渋滞にも巻き込まれず無事に1時間ほどでスタジアム前に到着しました。スタジアムまでは徒歩で5分ぐらいです。


エアフォースは古豪の名門クラブですが、T2のゲームということもあり、サポーターも少なかったです。

前半

前半序盤から両チームとも攻撃を仕掛けますが、パスが繋がらず、決定的なチャンスを作り出せません。アウエーのポリス・テロの方がリズムが少し出てきます。

23分 右コーナーからうまく合わせて、ポリス・テロの9番Josimar Rodrigues選手がGoal。

エアフォースVSポリス・テロ 0-1 エアフォースは反撃を試みるもゴールネットを揺らすことはできず、このまま前半は終了。

後半

ホームのエアフォースは同点に早く追いつきたいのですが、決め手に欠けます。

72分 エアフォースはパスがつながり決定的チャンスでしたが、シュートはキーパーに阻止されます。ゲームはそのまま動かず。エアフォース 0-1 ポリス・テロで終了しました。

ランシットからはタクシーで帰ることが多いのですが、バスの本数が多い所で、5分ぐらいで503番のバスが来ました。

パホンヨーティンまでと車掌さんに行き先を告げると、パホンヨーティンは行かないと言われ、先日パホンヨーティンのバス停のチェックをしたばかりで、いくはずなのにと思いましたが、チャットチャックまでと伝えるとOKと言われました。

実際は私の降りたかったパホンヨーティンに停まり多くの人が降りたのですが、バス停の名前が違うのだと思います。パホンヨーティンは小さな公園を半周するバス停の名前で、私の降りたかった所はユニオンモール前だと思われます。

Rama9のバス停もタイの方はフォーチュンと言っています。なかなかバンコクのバスも難しいです。

▼エアフォース・ユナイテッドのDhupatemiya Stadium(トゥーパテミー・スタジアム)のMap

コメント