タイ 2021年4月16日 新型コロナウイルスの新たな規制が発表

covit-19イメージ環境

夜間外出禁止令・ロックダウンは無し

4月16日金曜日、Covid-19状況管理センター(the Centre for Covid-19 Situation Administration・CCSA)は、新規感染者が爆発的に増大しているバンコクやチョンブリーなど18県のレッドゾーン地域に4月18日月曜日から2週間、新たな規制を発表しました。

18県のレッドゾーン地域

バンコク、コンケン、チョンブリー、チェンマイ、ターク、
ナコンパトム、ナコンラチャシマー、ノンタブリー、パトゥムターニ、プラチュアップキリカーン、プーケット、ラヨーン、ソンクラ、サムットプラカーン、サムットサコーン、サケオ、スパンブリー、ウドンターニ

その他の59県はオレンジゾーン。

18県のレッドゾーンの規制

  1. レストランでの食事は午後9時まで、アルコール提供は禁止。テイクアウトの販売は午後11時まで許可。
  2. パブ、バー、カラオケ、マッサージパーラーなどの娯楽施設やサービス施設は閉鎖。
  3. ショッピングセンター、デパート、コミュニティモールは午後9時に閉店し、カスタマーの数を制限。プロモーションイベントの開催、遊園地やゲームセンターを開くことは許可されていません。
  4. 学校と教育機関を閉鎖。(試験のあるインターナショナルスクールを除く)
  5. 50人以上が集まる活動は禁止
  6. コンビニ、スーパーマーケット、フリーマーケット、ウォーキングストリートは、午後11時から午前4時まで閉店。
  7. スポーツ場、エクササイズ場、体育館、フィットネスジムは午後9時に閉店
  8. スポーツ競技は人数制限の観客で許可。

59県のオレンジゾーンの規制

  1. レストランでの食事、テイクアウトの販売は午後11時まで、アルコール提供は禁止。
  2. パブ、バー、カラオケ、マッサージパーラーなどの娯楽施設やサービス施設は閉鎖。
  3. ショッピングセンター、デパート、コミュニティモールは午後9時に閉店し、カスタマーの数を制限。プロモーションイベントの開催、遊園地やゲームセンターを開くことは許可されていません。
  4. 学校と教育機関を閉鎖。(試験のあるインターナショナルスクールを除く)
  5. 50人以上が集まる活動は禁止
  6. コンビニ、スーパーマーケット、フリーマーケット、ウォーキングストリート、スポーツ場、エクササイズ場、体育館、フィットネスジムへの制限は特になし。

CCSAからの要望

CCSAは人々にパーティーの開催を遅らせるように求め、レッドゾーンの地元住民に在宅勤務を勧めています。雇用主は、スタッフをオフィスの外で働かせたり、勤務日を変更したり、感染を防ぐための他の措置を講じたりすることが求められます。

保健、行政、治安当局に野戦病院や検疫施設を設置するのに適した場所を見つけるように命じ、地域で適切な判断ができるように疾病管理措置を課すことを許可されました。

昨年のようにレッドゾーン地域には夜間外出禁止が発令されるかと思いましたが、CCSAが人々の収入に影響を与えるため、提案を却下したようです。

コメント