バンコク 2021年11月16日から夜間外出禁止時間が短縮

covit-19イメージ環境

ダークレッドゾーンの県が縮小

2021年10月14日、COVID-19状況管理センター(CCSA)がバンコクを含む、最大かつ厳格なCovid-19管理「ダークレッドゾーン」の地域の数が29から23に減少しました。 夜間外出禁止令の時間が短縮され、より多くの企業が再開できます。

レッドゾーン」の県の数も37から30に減少し、「オレンジゾーン」の県は11から24に増加します。

ダークレッドゾーン 23県

Bangkok(バンコク)、Nonthaburi(ノンタブリー)、Pathum Thani(パトゥムターニー)、Samut Prakan(サムットプラカーン)、Samut Sakhon(サムットサコーン)、Nakhon Pathom(ナコンパトム)、Chachoengsao(チャチューンサオ)、Chon Buri(チョンブリー)、Ayutthaya(アユタヤ)、Kanchanaburi(カンチャナブリー)、Chanthaburi(チャンタブリー)、Nakhon Nayok(ナコンナヨック)、Prachin Buri(プラチンブリー)、Saraburi(サラブリー)、Rayong(ラヨーン)、Ratchaburi(ラチャブリー)、Nakhon Si Thammarat(ナコンシタマラート)、Narathiwat(ナラティワート)、Tak(タク)、Pattani(パタニー)、Yala(ヤラ)、Songkhla(ソンクラ)、Samut Songkhram(サムットソンクラーム)

レッドゾーン 30県

Chiang Mai(チェンマイ)、Chiang Rai(チェンライ)、Nakhon Ratchasima(ナコンラチャシマ)、Trat(トラット)、Phitsanulok(ピサヌローク)、Kalasin(カラシン)、Khon Kaen(コンケン)、Chai Nat(チャイナット)、Chaiyaphum(チャイヤフム)、Chumphon(チュンポン)、Trang(トラン)、Nakhon Sawan(ナコンサワン)、Prachuap Khiri Khan(プラチュワップ・キーリカーン)、Lop Buri(ロップリー)、Udon Thani(ウドンターニ)、Ubon Ratchathani(ウボンラチャター二)、Si Sa Ket(シーサケート)、Sa Kaeo(サケオ)、Phatthalung(パッタルン)、Phichit(ピチット)、Phetchaburi(ペッチャブリー)、Satun(サトゥーン)、Sing Buri(シンブリー)、Suphan Buri(スパンブリー)、Surat Thani(スラターニ)、Surin(スリン)、Ang Thong(アントン)、Maha Sarakham(マハサラカム)、Ranong(ラノン)、Phetchabun(ペチャブン)

オレンジゾーン 24県

Krabi(クラビ)、Phuket(プーケット)、Buri Ram(ブリラム)、Kamphaeng Phet(カンペンペット)、Nakhon Phanom(ナコンパノム)、Nan(ナン)、Bung Kan(ブンカン)、Nong Khai(ノンカイ)、Phayao(パヤオ)、Phangnga(パンガー)、Phrae(プレー)、Mukdahan(ムクダハン)、Mae Hong Son(メーホンソン)、Yasothon(ヤソトン)、Roi Et(ロイエット)、Lampang(ランパン)、Lamphun(ランプーン)、Loei(ルーイ)、Sakon Nakhon(サコンナコーン)、 Sukhothai(スコタイ)、Nong Bua(ノンブア)、 Lam Phu(ランプー)、Uttaradit(ウタラディット)、Uthai Thani(ウタイターニ)、Amnat Charoen(アムナート・チャロン)

夜間外出禁止令の時間変更

ダークレッドゾーンでは、夜間外出禁止令は、現在のPM10時~AM4時から、少なくとも次の15日間はPM11時~AM3時までになります。

コンビニエンスストアと市場はPM10時まで営業し、アミューズメントゾーンも再開する可能性があります。映画館、飲食店、劇場、スタジアム、公園、ショッピングセンターは、PM10時まで営業。

高齢者向けのデイケアセンターが再開され、すべての公共交通機関がすべての席を利用できるようになります。

ホテルやデパートのコンベンション、展示センターなどは最大500人の会議を開催できますが、食事は個別に提供する必要があり、人々はフェイスマスクを着用する必要があります。会議は2時間に制限され、午後10時までに終了します。

コメント