タイはCovid-19の対応で4位にランクされています

covit-19イメージ環境

アジア太平洋諸国はパンデミックを封じ込めるのに最も成功

シドニーに本拠地を置くLowyInstituteによる36週間で、コロナウイルスの対応において97の国と地域を評価およびランク付けが発表されました。「データの欠如」であるため、中国はランキングに含まれていません。

データ収集

14日間の平均は、確認された症例数、死亡数、100万人あたりの確認された症例、テストの割合としての確認された症例、および1,000人あたりのテスト6つの基準について計算されました。6つの基準からのデータは、0から100の間のスコアに計算され、スコアが高いほどパンデミック反応が良好であることを示しています。

ランキング

トップランクのニュージーランドの平均スコアは94.4で、ベトナムの90.8がそれに続きます。台湾とタイはそれぞれ86.4と84.2で続きました。

日本は50.1で45位にランクインし、韓国が20位でした。

最近パンデミックによる10万人目の死亡を記録した英国は37.5ポイントで66位にランクされ、最も確認された症例と死亡を持っているアメリカ合衆国は17.3のスコアで98のうち94位です。

人口規模の違い

シンクタンクの研究者は、人口規模が、1,000万人未満の小さな国では「2020年を通じて一貫して大きな国を上回っている」という最大の違いを明らかにしました。一般的に、人口が少なく、まとまりのある社会、そして有能な制度を持つ国々は、パンデミックなどの世界的な危機に対処する上で比較的優位性を持っています。

シンクタンクの分析によると、経済状況は国の対応に全体的な影響をほとんど与えていません。一人当たりの所得が高い国はパンデミックと戦うためのより多くの資源を持っていますが、開発途上国は予防措置を課すためのより多くのリスクを持っています。

タイ 新規感染者(2021年1月29日)

タイCOVID-19状管理センター(the Centre for Covid-19 Situation Administration CCSA)は2021年1月29日、新型コロナウイルス新規感染者の802人が確認されたと発表しました。

新規感染が確認された802人の内21人は、タイに海外から渡航した後に隔離検疫施設で陽性が確認された人々で、国内感染には含まれません。

国内感染者は781人。そのうち外国人労働者が692人で、タイ人が89人です。
国内感染地域別では、サムットサコーン県:765人で最多。続いてバンコク:10人、サムットソンクラーム県:3人、アユタヤ県:2人、アントーン県:1人、ノンタブリー県:1人、サケーオ県:1人、ラヨーン県:1人です。

1月29日の発表の時点で、累計の陽性者の数は17,023人。
死亡者は合計76人。11,396人が回復、5,551人が治療中です。

コメント