バンコク ドンムアン空港の入国で強制検疫は行わない

タイスワンナプーム空港環境

3月6日タイ入国の際、強制検疫は行わないと保健省が発表

タイ保健省は2020年3月6日、「新型コロナウイルスの感染国」韓国、中国、マカオ、香港、イタリア、イランからタイに入国した場合でも、“強制検疫”は行わないと明らかにしました。

3月5日夜にタイ保健省は韓国、中国、マカオ、香港、イタリア、イランを危険感染症地域に指定すると発表しました。日本は含まれていません。

5日、正式な発表ではなかったのですが、一部のメディアが、該当国からタイに入国する際は「滞在住所と旅行計画を提出し、14日間に渡り自宅やホテルで自己検疫し、毎日当局へ報告する必要がある」と“強制検疫”を行う旨を伝えていました。

6日に“強制検疫”は行わない公式な方針と変更されました。タイも混乱しています。

ドンムアン空港の状況

ドンムアン空港
スクリーニングの強化は2月半ばからされていましたが、3月7日にタイに入国した友人によると、飛行機が到着するとバスに乗って先ず検査に向かいます。フライトごとにモニターでのスクリーニングでチェックします。どこから来たか一目瞭然なので効率的です。37.5℃以上の高熱の人は検査対象になります。

ドンムアン空港
スクリーニングチェックを受けてから、イミグレーションのパスポートチェックです。問題がなければ入国できます。

Health Beware Card 健康注意カード


日本は危険感染症地域に指定はされていませんが、日本を含めた感染例が増加している国からの渡航者は、検疫強化の対象となっていて、タイ保健省は、「タイ入国後14日間の自宅等における症状の観察等の協力」を要請しています。

入国の際に上記のカードを渡されます。 タイに到着してから14日以内に発熱、咳、呼吸困難に苦しんでいる場合、このカードを医師に渡して、危険感染症地域から旅行したことを伝えてくださいとあります。

「自己管理を2週間してください。」という要請です。世界的にパンデミック状態に近づきつつあるので、日本の感染者が増えたら対応も変わるかと考えられます。

イベント中止・サッカーの延期

タイ各地のソンクラン(タイのお正月4月11日~13日)の水かけ祭りイベントの中止が発表になっています。バンコクで開催予定の大規模フェスも中止になりました。

タイリーグのサッカーも7日から無観客試合で開催の予定でしたが、延期になりました。

来月のソンクランまでに収束は難しそうです。手洗い・うがい・マスクの着用・充分な睡眠をとっていくしかないですね。

コメント