2021年5月26日 スーパームーンで皆既月食

満月天候

スーパームーンは1年で最も地球に近づく満月

皆既月食とは、太陽と地球と月が一直線に並び、満月が、地球の影に覆われる現象のことです。月が地球の影に覆われる皆既月食は3年ぶりですが、スーパームーンの皆既月食は1997年9月以来、約24年ぶりです。

タイでは皆既月食は18時38分~19時52分の104分間見ることができたのですが。

あいにくバンコクは今日は雲が多く、皆既月食は見ることができませんでした。また皆既月食が終わってスーパームーンも雲が多くて見ることができません。

昨夜満月1日前は月を見ることができました。スーパームーンではありませんでしたが、月は大きく見えました。

タイ天文台公式Facebook

日本の皆既月食

日本では月は(タイとは2時間の時午後6時44分頃から欠け始め、20時9分頃から20時28分までのおよそ19分間、完全に影に覆われて皆既月食となりました。20時28分に皆既食が終わり、月は段々と満ちてきます。21時52分頃には部分食の終わりを迎え、満月の姿に戻りました。

皆既月食は晴れ間が広がった東北や北海道それに、小笠原諸島などの各地で観測されました。多くの地域は雲で月を見ることができませんでした。

スーパームーン

スーパームーンは地球に最も近い位置で起こる満月で、最も遠くで起こる満月と比べて、見かけの約14パーセント大きく、約30パーセント明るく見えます。2021年で最も遠い満月は12月19日です。

満月または新月と、楕円軌道における月の地球への最接近が重なることにより、地球から見た月のが最大に見えます。

距離は今日のスーパームーンが約35万7000Km、最も遠い満月が約40万6000Kmです。「スーパームーン」という用語は天文学の正式な用語ではなく占星術に由来するものです。

次回皆既日食は、 2022年11月8日です.

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)

2021年5月26日はお釈迦様の誕生を祝う日「仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)」で休日でした。仏教の重要な行事が行われる日は国の祭日で、官公庁や民間企業は全て休日となっています。

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の祭日は、陰暦(太陰暦)によって定められるため、太陽暦上の日付は毎年変わり、陰暦6月の満月の日です。2019年は5月19日、2020年は5月6日でした。

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の夜にスーパームーンが見れたら良かったのですが。

コメント