バンコク カセサート大学農業祭に行く

バンコクのカセサート大学農業祭イベント

開催期間は2022年1月28日~2月5日

バンコクのカセサート大学農業祭

Kasetsart University(カセサート大学)は、バンコクに本部を置く 1943年2月2日に創立した国立大学です。タイでは最初の農業大学で3番目に古い大学です 。現在は水産、森林、社会、経営、経済、工学、建築、獣医学、人文、教育などの学部があります。バーンケーンキャンパスをはじめ、国内に7つのキャンパスがあり、学生数は58,000人以上で、タイでもっとも規模の大きい大学の一つです。大学の略称はKU。

カセサート大学の行きかた

バンコクBTSのカセタート大学駅

BTS Khu Khot(クーコット)方面行でKasetsart University(カセサート大学)駅下車。徒歩すぐ。

MRT Phahon Yothin(パポンヨティン)駅下車、BTS Ha Yaek Lat Phrao(ハーイェク・ラップラオ)駅で乗り換え。

農業祭カセートフェア

2月2日が大学の創立記念日で、毎年1月下旬から2月上旬頃に開催されます。2021年はコロナパンデミックで開催中止となり、2年ぶりの開催です。私は友人に誘われて最終日に行くことになりました。カセサート大学周辺は2度ほど来ていますが、キャンパスに入るのは初めてです。

バンコクのカセサート大学農業祭

BTSの駅からパポンヨティン通りを南に少し歩くとゲートがあります。大人数のイベントのため、モープロムのワクチン接種証明を提示するとシールを貼ってもらえて、体温チェックをしてからの入場です。

会場案内

バンコクのカセサート大学農業祭

大学のキャンパスは広大で至る所に案内看板があります。A~Kゾーンまであり、一部の区間をシャトルバスが運行しています。到着がAM10時半ぐらいで、入口からすぐのA・Bゾーン、移動遊園地などは営業していませんでした。

  • A・Bゾーン:飲食店がメイン。AM10時半到着時はクローズ、PM1時半頃は多くの店舗が営業中。イチゴを販売している屋台数軒あり、チェンマイ産で安かったので、帰りしなに購入。
  • Cゾーン:農業大学のため、農耕機械(トラクターなど)関連が展示。
  • Dゾーン:観葉植物、サボテン、蘭などの花・グリーン。
  • Eゾーン:DとFの間の通りの奥、Cafe in the garden。
  • Fゾーン:ペットショップ。ペット関連グッズ。
  • Gゾーン:飲食の屋台。イカ卵の屋台が多く、イカ入りトッドマンプラー、タコなどの他はナイトマーケットと同様の唐揚げ、焼き物。お菓子、フルーツなど。
  • Hゾーン:小物雑貨。食品(お菓子、チョコレートなど)
  • J・Kゾーン:市場と同様の日用品、小物雑貨。
バンコクのカセサート大学農業祭
バンコクのカセサート大学農業祭

すべてのゾーンはアーチで覆われていますが、昼頃になると気温が上昇して、暑いです。ゾーンごとに販売されている物が決まっているため、飲料ショップが意外と少なかったです。

フルーツコーナー

バンコクのカセサート大学農業祭

Gゾーンのフルーツコーナーにタマリンドを山積みしたショップが数軒。圧巻です。タマリンドは日本の干し柿に似た風味です。

T2カセサートFCのスタジアム

バンコクのカセサート大学内のカセサートFCのスタジアム

タイリーグT2に所属するカセサートFCのスタジアムが、Fゾーンの向いにあります。昨年まではTOTスタジアムを使用していましたが、今季から大学内のInsee Chantarasatit Stadiumを使用しています。

1周するとKゾーンの終点がCとDゾーンの間で交差。結構な距離を歩き、日差しもきつくなり帰路に着きました。毎年開催されるので、来年はライトアップされる夜間に行きたいです。日本の学祭のイメージとは異なり、ナイトマーケットです。

カセサート大学のMap

コメント