タイ 5月6日は仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)

ナコンパノムイベント

お釈迦様の誕生を祝う日

タイでは仏教の重要な行事が行われる日は国の祭日で、官公庁や民間企業は全て休日となっています。

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)とは

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の祭日は、陰暦(太陰暦)によって定められるため、太陽暦上の日付は毎年変わり、陰暦6月の満月の日です。2019年は5月19日でした。

ウィサーカ・ブーチャーの日は、コーサラという古代インドで生誕、35歳の時、煩悩から離れ悟りを開き、80歳で古代インドのマッラ国で入滅されたこの3つのことが、すべて太陰暦の6月の満月の日に起こった仏教的に重要な意味のある日です。

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の日の儀式

同日に起こった3つの奇跡へ想いを馳せ、釈迦の徳に対して礼拝するための儀式がタイ全土で行われます。タイの方は家族連れで地元の寺院に赴き、朝僧侶に托鉢をし、寺院に寄付(タンブン)をして、僧侶から仏の教えの読経を聞きます。瞑想し、仏教の戒律に従うように再確認します。

日没後には主要な寺院で周りを右回りにロウソク、お線香、お花を手にして3周歩きます。最も神聖な仏教の儀式です。

オンラインの仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)

今年はコロナウイルス感染拡大で、非常事態宣言中です。5月3日に一部制限緩和されましたが、仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の日は多くの人が集まるため、寺院での儀式は中止となりました。
タイ仏教会がオンラインで寺院を3周できるHPを立ち上げていました。
タイ仏教会オンラインHP

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)から1週間の限定サイトのため、現在はトップ画面の表示のみです。

仏誕節のオンライン
仏誕節のオンライン

トップ画面のスタートをクリックします。Facebook、Twitter、Lineのいづれかでログインします。私はFacebookでログインしました。男女のアイコンをチェックして、スタートすると顔にログインした画像がセットされたアイコンが3周歩きます。

アイコンは?な感じもありますが、バックに流れる僧侶(高名な方)の読経が心に響きます。

仏誕節(ヴィサカ・ブーチャ)の日は禁酒日

タイの仏教の祭日は禁酒で、ウィサーカブーチャー(仏誕節)は禁酒日です。

5/3から非常事態宣言も規制緩和で、酒類の販売がOKになりましたが、5/6は酒類の販売は禁止されます。

タイで生活していると、仏教が密接に生活の中にあることがわかります。

コメント