ドンムアン空港

旅行

タイ10月の連休で国内旅行が増加

タイは10月に連休が2回あり、全国で310万人以上の観光客が見込まれ、120億バーツ以上を生み出すと予想されています。 タイ人と外国人の観光客が主要な観光地プーケット、スラタニー、パタヤ、チェンマイなどを訪れます。
旅行

タイの航空会社は日本路線を再開

日本への入国が2022年10月11日から緩和されることにより、タイの航空会社は日本路線を再開します。タイエアアジア Xは北海道の新千歳空港へのフライトを12月に再開。関西空港へのフライトは1月から10月再開にスケジュールを変更しました。
旅行

日本への旅行者を1日50,000人に引き上げ

日本への出国前72時間以内のPCR検査の陰性証明書の提出が不要となると共に、海外からの入国者が1日当たり20,000人から50,000人に引き上げられます。ツアー旅行に添乗員の同行が義務でしたが、添乗員同行は廃止されます。ただし個人旅行は認められていません。
旅行

タイ 高額な航空運賃が観光業の回復を妨げています

航空運賃の燃油サーチャージが高騰していて、タイから海外へのツアーは苦戦しています。米国とヨーロッパからの長距離便では、依然として人手不足に直面しているため影響はより深刻です。東南アジアのツアーは影響が少ないです。
旅行

2023年までに世界的な観光はコロナパンデミックから回復

フィリピンのマニラで開催された世界旅行ツーリズム協議会(WTTC)によると、世界の旅行および観光セクターは2023年には回復し、コロナパンデミック前のレベルに戻ると予測されています。タイのアウトバウンドは市場の規模はまだ比較的小さいです。
旅行

タイ Air Asiaのプロモーションで航空券を購入

プロモーションは、BIGメンバーは片道0バーツ~ Air Asia(エアアジア)は、スーパーアプリ1周年を記念して航空券やフードデリバリーなどが無料になるプロモーションを10月25日~31日まで開催中。 航空券のプロモーション...
バス&船

タイ 9月から国内線と長距離バスの運航再開

2021年9月1日~「ダークレッドゾーン」の規制緩和でバンコクの国内線と長距離バスの運航が再開されます。ドンムアン空港またはスワンナプーム空港を発着するフライトを航空会社は順次再開する予定。The Transpor社は、バンコクを発着する26路線の運行を再開。
環境

タイ 観光関連産業の現状

コロナ禍の中でタイ・エアアジアとタイ国際航空の多くの航空機がスワンナプーム空港に駐機しています。タイ民間航空局の報告によると、第4四半期の国内線旅客数は前年比27.1%減少し、国際線は99.1%減少しました。
旅行

タイと日本のエアラインの運休状況

タイと日本のエアラインの運休も各社発表されています。LCCではエアアジアXは、新型コロナウイルス感染拡大により6月16日まで.。タイ・ライオンエアは3月31日まで。ピーチエアーは4月23日まで運休します。ノックエアーはバンコク~日本に運行しています。
ビザ

タイ 到着ビザ18ヶ国の停止と3ヶ国のビザ免除停止

3月11日に韓国、イタリア、香港のビザ免除の停止を発表。到着ビザ停止も19ヶ国です。日本は現在はビザ免除の停止ではありません。新型コロナウイルスに感染していないことを証明するために、タイ大使館、領事館でビザを申請し、診断書を持って旅行しなければなりません。