バンコク ビエンナーレ The East Asiatic Company跡の会場に観に行く

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡美術館・アート

バンコク アート・ビエンナーレの3回目の訪問

The East Asiatic Company跡のビエンナーレの会場はBTS Saphan Taksin(サパーンタークシン)駅から徒歩10分ぐらい所にあります。

サパーンタークシンはチャオプラヤーエクスプレスのサートン船着場が真下にあるので、チャオプラヤー川観光の拠点となっています。

The East Asiatic Company跡への行き方

サパーンタークシン駅4番出口下車、Charoen Krung Rd(ジャルンクル)通りを北に8分ぐらい歩いてソイ40を左折。マンダリンオリエンタル・バンコクの向かいにあります。ジャルンクル通りは、宝石、パワーストーンの店舗が数多く並んでいます。

入口にグリーンのBABの看板があるので、そこから中に入れます。

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡

The East Asiatic Company内の作品

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡
Diluvium Lee Bul (韓国)の作品はシルバーテープとスティールのミックスされた、大規模な作品です。

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡
Nothing is led comparable Sara Favriau(フランス)の作品はウッディーでぬくもりのある空間が創られていました。

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡

映像やオブジェもあり、レトロな建物中に、不思議な空間を演出していました。

マンダリンオリエンタルバンコク内の作品

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡
LostDog Aurele(フランス)の作品は巨大なゴールドのオブジェで、The East Asiatic Companyの向かいのマンダリンオリエンタルバンコクの庭に展示されています。

この会場を出るとチャオプラヤ川の川べりにThe East Asiatic Companyと描かれた、アイキャッチ画像で使用の本社跡が建っています。チャオプラヤ川の水上ボートからも見えます。

プラザアテネホテルにリノベーション

バンコクのアートビエンナーレEast Asiatic跡
100年以上前のヴェネツィア様式の建築物で、サンマルコ広場の建物と似ています。この雰囲気のある建物が、プラザアテネホテルになります。外壁にプラザアテネホテルのイメージ写真が広告として貼ってあります。
イタリアのリノベーションの様に、外観を残しての建築になるのでしょうか?とても気になります。

The East Asiatic Companyはナイトマーケットとして人気のアジアティークの場所にチーク材を輸出する船着き場を持っていました。当時はかなりの規模で貿易をしていた事がうかがい知れます。

バンコクのアイコンサイアム
チャオプラヤ川の対岸は、11月にオープン予定のアイコンサイアムが見えます。まだ外観も工事中ですが、オープンに間に合うのでしょうか。

アート作品以上にThe East Asiatic Company跡の建物が印象的でした。プラザアテネホテルにリノベーションされた時はどのように変わったかチェックに来たいです。

帰りはSilom RdからMRTSilom(シーロム)駅までバスに乗りました。10TB。ちなみにBTSは30TB。
バンコクビエンナーレ公式HP

The East Asiatic Company跡のMap

コメント