バンコクビエンナーレ サイアムパラゴン&セントラルワールドに草間彌生作品を観に行く

美術館・アート

先日バンコク芸術文化センター(angkok Art and Culture Centre)に行った後、サイアムパラゴンに立ち寄りました。

土曜日でサイアムは人が多かったの加えて、サイアムパラゴンでコスプレのイベントをしていて、コスプレの格好で多くの若者が集まっていました。

大阪の日本橋で見たイベントと遜色ないコスチュームで、バンコクのコスプレ人気にもビックリしました。日本のサブカルも浸透しています。

サイアムパラゴンの1Fに草間彌生氏の2作品が出展されています。赤のドットのパーテーションとフロアーで仕切られたコーナーです。


カボチャのオブジェの2作品。1点は赤ベースに黒ドット。1点はシルバーベースにカラフルなドットの立体オブジェです。こじんまりとしたコーナーですが、草間ワールドです。

その後、セントラルワールドに行きました。1Fに草間彌生氏のプロフィールのパネルがたてられ、吹き抜けの6Fから巨大な白ベースに赤のドットのカボチャのバルーンが吊るされ、映像パネルのビジュアルとオブジェが連動して、迫力がありました。

POPな感覚なので、商業施設の空間にもマッチしています。エスカレーターも1Fから6Fまでシースルー部分が赤のドットで統一され、よりインパクトがある空間を演出しています。


この作品は2017年4月銀座の商業施設GINZA SIXのオープニングのアイコンでもありました。
2017年10月にオープン東京新宿区の「草間彌生美術館」は、予約チケットが発売後すぐに売り切れてしまうほどです。2018年5月にオープンした京都祇園に「フォーエバー現代美術館」にも多くの作品が集められています。

セントラルワールドの外観の電飾広告パネルにも、バンコクビエンナーレのインフォメーションが7、8回に1回のローテーションで写し出されます。ビエンナーレを全面バックアップしています。

美術館だけでなく、商業施設など20ヶ所で開催されているので、いろいろな所に行く楽しみが増えました。
バンコクビエンナーレ公式HP

サイアムパラゴンはBTS Siam(サイアム)駅下車。セントラルワールドはBTS Chit Lom(チットロム)駅下車。両商業施設とも、駅直結で、アクセスがいいです。

私はRama9から73番・514番のバスで行きます。MRTからBTSへの乗り換えなしで行けるバスを愛用しています。道路は結構混んでいますが、3、40分ぐらいで着きます。13TB。

▼バンコクビエンナーレの草間彌生作品の展示場所 Map

コメント