バンコクBTS プロンポン駅近くのベンチャシリ公園に行く

公園・橋・宮殿

BTS Phrom Phong(プロンポン)駅からすぐ、ショッピングセンターのエンポリアムの横にBenchasiri Park(ベンチャシリ公園)があります。

この公園はシリキット王妃(故プミポン国王、ラーマ9世の王妃)の還暦をお祝いして、1992年8月5日5時55分に開園しました。
ベンチャシリは、タイ語で「縁起の良いもの」という意味を表します。

ベンチャシリ公園の入口は、お堀のようになっていて、植え込みも手入れが行き届いています。商業施設、オフィスビルの立ち並ぶこのエリアにおいて、この公園はオアシスとなっています。

公園の中はセンターに大きな池があり、多くの亀がいる池を囲むように遊歩道が整備されていて、所々にモニュメントが設置されています。


芝生の上では、ストレッチをする人、会社帰りにでくつろいでいるグループ、家族連れの方と皆さん様々にリラックスした時を過ごされています。

ルンピーニ公園もそうでしたが、フィットネス系の器具が設置されているエリアがあり、ジムの様に身体を鍛えています。

最初、公園の中にフィットネス系の器具が設置されているのに、違和感があったのですが、いくつか訪れた公園にも設置されているので、見慣れてきました。

子供たちの遊べるの遊具のエリア、バスケットボールコートもあり、全世代に渡って利用できるようになっています。

バンコクでもブームのランニングですが、この公園は遊歩道がそんなに広くないのと、歩いている方も多いので、公園の周回を皆さん走っています。

夕方に公園に行ったので、6時5分前にスピーカーから、インフォメーションが流れました。タイ語は理解できないのですが、6時の国歌の時間だと理解していたのですぐに立ち上がりました。

周囲は、まだ座っている人もいて、外国人の多い公園だからかなぁ?と思ったのですが、6時に国歌が流れると皆さん直立されていました。

夕方6時、映画館の上映前、サッカーのキックオフの前に流れる国歌の直立不動も少しづつですが、慣れてきました。

私が住んでいるRama9は買い物、交通は便利ですが、近所に公園がありません。それもあって、グリーンを求めて公園巡りをしています。

ベンチャシリ公園:AM5時~PM9時まで開園

旅行者の方もショッピングなどで疲れたら、ベンチの数が多いベンチャシリ公園での休憩をおすすめします。

▼ベンチャシリ公園のMap

コメント