バンコク 公園・緑地を増やす取り組み

バンコクルンピニー公園のランニング公園・橋・宮殿

バンコクの緑地は1人あたり9m²未満

バンコクの公園の不足を解決するためには、より良い政策と独自のパートナーシップが必要です。質の高い公共スペースを建設し、緑を増やすことで環境の質だけでなく医療費を削減し、人々の生活も向上させます。

バンコク都庁によると、バンコクは1人当たり6.99m²の緑地で、これは世界保健機関が推奨する最低9m²未満です。緑地はストレスを軽減し、メンタルヘルスを促進できると多くの研究が述べていますが、タイは新しい公共空間を作る際、問題に直面しています。

タイの問題点

多くの公共スペースを作りたいと思っていますが、国はこの目的を推進する政策を欠いていて、トップダウンのアプローチが必要です。

ランドスケープアーキテクト(地域社会における環境を保全し景観に配慮した空間をデザインする)は人々とコミュニティにサービスを提供するためにパブリックスペースを設計したいと考えています。パブリックスペースは何年にもわたって多くの人々にサービスを提供する必要があるため、設計は機能的で耐久性があり、持続可能でなければなりません。

公共スペースは不動産価値の高い場所に建てられないことが多いです。ほとんどの土地所有者は自分の利益に基づいて決定を下します。公園や図書館の建設を許可しても、公共スペースは価値があるとしても土地所有者に多くの収入をもたらさないためです。

樹木の保全

バンコクルンピニー公園の樹木

バンコクの樹木の保全を提唱する環境グループBIGTreesの創設メンバーは、タイには樹木の保全に関する基準と規則が欠けていると述べました。多くの大きな木は保護されておらず、それらに関連する特定の法律はありません。

タイとは異なり、シンガポールや香港は、木の剪定や刈り込みの方法など、特定の規則や基準があります。適切な剪定と刈り込みは木が強く成長するのを助けます。

今後の取り組み

緑地は地域社会と環境に多くの利益をもたらしますが、投資家と土地所有者は商業開発を好みます。緑地を増やすために、州政府機関、民間組織、地域コミュニティ間の相乗効果のある3つの要素があると提案しています。

公共空間政策の考えに同意し、政府が公共空間の所有者または投資家に税金を返済する 「負の土地税」を提案しました。地域社会や環境に利益をもたらす公共空間の所有者は、いくらかの税金還付を受けるべきです。この税金還付は土地所有者や会社にとってあまり価値がないかもしれませんが、人々が公共空間を作り維持することを奨励します。

公共スペースのための基金を設立する方法を見つける際の例として、投資家は、駐車場または公園周辺の商業店のレンタルから資金を調達できます。ルンピニー公園のような人気のある場所は、収入を得る可能性があります。

多くの国の調査によると、商業施設がその地域に質の高い緑地を含む場合、顧客は長い時間を過ごし頻繁に訪れます。その結果、多くのお金を費やします。しかし、 タイでは調査がありません。投資家は投資を行う前に潜在的な買い物客や顧客の数を知る必要があるので、彼らを説得するための確固たる調査が必要です。

パブリスクスペースの成功例

サケオ県のバーンクロンヤン・オーガニックガーデンは、かつて自治体が所有していた空きスペースでした。地元のコミュニティはそれを貧しい地域の50人に分けることにしました。それぞれ200m²を使って植物を育て、一人一人が花や木を育てることで、空きスペースを公共スペースに変え、地元の人々に観光客や観光客からの収入をもたらしました。

第一段階の開発が成功した後、自治体はより多くの人々のために別のスペースを開くことを決定しました。 先月開催されたバンコクデザインウィークで パブリックスペースのお気に入りの例としてバーンクロンヤンオーガニックガーデンが選ばれました。

コメント