バンコク AQホテルでの免疫隔離生活

バンコクのAQホテル環境

7日間のAQホテルの免疫隔離

バンコクのAQホテル

日本の一時帰国からバンコクに1月19日に戻り、AQホテルでの免疫隔離生活中です。2月1日からはテスト&ゴーが再開するので、7泊8日間の隔離もなくなります。以前2週間の隔離を経験しているので、それを考えると1週間はそこまでのストレスではありませんが、短期旅行者の方にはハードルが高いです。

RT-PCR検査

バンコクへの搭乗の72時間前に、日本でRT-PCRの陰性証明書は取得していますが、AQホテル到着の翌朝1回目のRT-PCR検査です。AQホテルは病院と提携しているので、対応にも慣れています。現在宿泊しているAQホテルのリラックスエリアは3Fにあり、屋外のプールの端で検査をします。前回宿泊したホテルも屋上テラスでした。検査結果は翌日ラインで送られています。2回目の検査は6日目です。陰性の場合、8日目の朝6時以降いつでもチェックアウトできます。

毎日のルーティン

バンコクのAQホテル

ホテルに到着して、ラインQRコードから登録をします。毎朝・夕に体温を測り、画像をラインで送信して報告をします。レジデンス登録も3食のメニューオーダーもホテル内での注意事項もすべてラインです。電話がかかってくるのは、RT-PCR検査の連絡だけです。

バンコクのAQホテル食事
ランチのハンバーガー
バンコクのAQホテル食事
夕食の親子丼

3食のメニューリストはメイン、デザート、飲み物を前日の夜に3食分オーダーします。現在宿泊しているホテルはデリバリー業者を使用していないため、毎食温かい食事が届けられます。タイ、欧風、日本食、インド、ベジタリアン、チャイニーズとメニューは各国対応していて種類は豊富です。温かい食事だけでもポイントは高くなります。

ホテルの部屋は広いので圧迫感はありません。日本のホテルと比べると総じてバンコクのホテルは広いです。タオル類もラインでオーダーします。

リラックスエリア

バンコクのAQホテル

1回目のPCR検査が陰性だったら、ラインで希望時間を予約してリラックスエリアに出ることができます。朝と夕方は数人の宿泊者がプールの周りをウォーキングしています。デッキチェアも置いてあり、風に吹かれながらのんびりと過ごしました。1人30分程度の自由時間です。AQホテルのためプールには入れません。

周りのホテルでAQホテルではないところはプールは使用できます。さすがに1年中夏のバンコクなので、街中でもプールがあるホテルは多いです。隔離も後3日間です。

コメント