2021ACL決勝トーナメント出場チームが決定

バンコクのラジャマンガラ・スタジアムサッカー

各組1位の10チームと、A~E組(西地区)とF~J組(東地区)の2位のうち成績上位3チーム

コロナパンデミックでタイとウズベキスタンでセントラル開催で行われたACLは決勝トーナメント出場チームが決定しました。タイからは4チーム出場していて、バンコクのタマサート・スタジアム・ラジャマンガラ・スタジアム、ブリーラム・スタジアムで開催しましたが、すべて無観客試合でした。

グループF タマサート・スタジアム(タイ)最終結果

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1蔚山現代(韓国)18660012
2BGパトゥム・ユナイテッド(タイ)1264024
3ベトテルFC(ベトナム)662042
4カヤ・イロイロ(フィリピン)06006-14

蔚山現代(韓国)とBGパトゥム・ユナイテッド(タイ)が決勝トーナメントへ

グループG ラジャマンガラ・スタジアム(タイ)最終結果

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1名古屋グランパス(日本)16651012
2浦項スティーラーズ(韓国)1163214
3ジョホール(マレーシア)46114-6
4ラチャブリーFC(タイ)26024-10

無敗の名古屋グランパス(日本)と浦項スティーラーズ(韓国)が決勝トーナメントへ

グループH ブニョドコル・スタジアム(ウズベキスタン)最終結果

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1全北現代(韓国)16651017
2ガンバ大阪(日本)962308
3チェンライ・ユナイテッド(タイ)862211
4タンピネス・ローバース(シンガポール)06006-26

全北現代(韓国)が決勝トーナメントへ。2位のガンバ大阪は上位3チームに入れずグループリーグで敗退。チェンライ・ユナイテッド(タイ)はガンバ大阪と2引き分けでした。

グループI ロコモティフ・スタジアム(ウズベキスタン)最終結果

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1川崎フロンターレ(日本)18660024
2大邱FC(韓国)12640216
3広州恒大(中国)46114-20
4ユナイテッド・シティ(フィリピン)16015-20

全勝の川崎フロンターレ(日本)と大邱FC(韓国)が決勝トーナメントへ。

グループJ ブリーラム・スタジアム(タイ)最終結果

国 名ポイント試合数勝 ちドロー負 け得失点
1セレッソ大阪(日本)14642011
2傑志(香港)1163213
3ポートFC(タイ)862222
4広州FC(中国)06006-16

セレッソ大阪(日本)と傑志(香港)が決勝トーナメントへ。

グループA~E(西地区)の結果

イスティクロル(タジキスタン)、アルヒラル(サウジアラビア)、シャルジャ(UAE)、トラークトゥール(イラン)、エステグラル(イラン)、アルナスル(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)、アルワフダ(UAE)の8チームが決勝トーナメントへ。

決勝トーナメント Round16

決勝トーナメント Round16は西地区と東地区に分かれて対戦します。
●9月13日(月)シャルジャ VS アルワフダ、エステグラル VS アルヒラル
●9月14日(火)イスティクロル VS ペルセポリス、アルナスル VS トラークトゥール

●9月14日(火)蔚山現代 VS 川崎フロンターレ、名古屋グランパス VS 大邱FC
●9月15日(水)全北現代 vs BGパトゥム・ユナイテッド、セレッソ大阪 vs 浦項スティーラーズ

決勝トーナメントは少し先になりますが、タイのBGパトゥム・ユナイテッドに注目です。

コメント