バンコク バンスー中央駅のワクチン接種センターは9月末まで

バンコクバンスー中央駅環境

2022年10月1日からCovid-19を監視対象疾患に引き下げ

バンコクのBang Sue(バンスー)中央駅のワクチン接種センター(CVC)は、国が人口の少なくとも60%に最初のブースターショットを提供するという目標を達成することに取り組んでいるため、9月末まで継続します。

当初、ワクチン接種センターは、8月末で閉鎖する予定でしたが、CVCのディレ クターであるMingkwan Wichaidit博士によると、多くの人々がワクチン接種やブースターショットを求め続けているため、もう少し長く営業を続 けることを決定しました。新型コロナウイルス・パンデミックによって2年以上打撃を受けた経済を回復するために国境を安全に開放し続けるために、人々は少なくとも1回のブースター接種を受けなければならないと述べました。

この延長は、10月1日に新型コロナウイルス(Covid-19)を監視対象疾患に引き下げることにした公衆衛生省の計画と一致しています。監視対象疾患は、インフルエンザ、マラリア、デング熱と同レベルのものです。

ブースター接種の状況

バンスー中央駅ワクチン接種センター

タイで少なくとも1回のブースター接種をした人は現在、人口の約50%を占めています。目標は、その数を少なくとも60~70%に引き上げることです。ブースター接種の展開は加速しなければならないと述べています。

次世代ワクチン

バンスー中央駅ワクチン接種センター

Covid19の新しい株に対して有効な次世代ワクチンの入手可能性は来年初めまで延期されます。メーカーは以前、新しいブースターワクチンが9月または10月にタイに到着すると発表していました。

ワクチン接種センターを継続しておくと、4ヶ月以上前にブースター接種を打った人は、来月閉まる前にセンターで次の接種を取得できます。来月追加のブースターを受ければ、次世代のワクチンが利用可能になる来年初めまで十分な免疫を維持できます。

その後、Covid-19の蔓延が緩和されれば、病院や診療所でブースターショットが提供されるようになります。これまでのところ、世界最大のCovid-19ワクチン接種施設の1つであるCVCは、人々に630万回分を提供しています。

9月30日に修正された終了日は、感染が急増した場合に延期される可能性はあります。CVCが来月閉鎖されたとしても、1日以内に再開する準備ができていなければなりません。予防接種に関連するすべての機器とハードウェアは、CVCを再開する必要が生じた場合に備えて、バン スー中央駅に保管されます。

コメント