タイ コーヒー豆の産地チェンライのメー チャン・タイ村

コーヒー豆の木環境

ロイヤルプロジェクトで、コーヒーやプラムなどの高地作物を導入

チェンライ北部のメー チャン・タイ村は海抜1,500メートルに位置します。コミュニティ所有のコーヒー企業を運営する数少ない地元の民族村の1つです。国際市場への進出を視野に入れ、高品質の豆と焙煎コーヒーを生産しています。Sirawit Sirichokwatanakulの最新の Geshaローストコーヒー豆は、5,000人近くのフォロワーを持つ彼のFacebookページに投稿した後、40分以内に売り切れました。

コーヒー栽培の歴史

シリワットは、コーヒーを栽培するアカ族の二代目です。前の世代は2000年代初頭までケシを栽培し、焼畑農業に従事していました。ロイヤルプロジェクト(故プミポン国王がタイ北部の山岳地帯に住む人々が焼畑農業と違法なケシ栽培で生計を立てる様子をみて、これを助けるために始まった農業支援プロジェクトで)は、コーヒーやプラムなどの高地作物を代替収入源として導入しました。

メー チャンタイの彼の世代は、高地の2,200ライの区画で栽培されたコービーで生計を立てることができます。電気、公共施設、インフラへのアクセスが不足しているため、村への3 kmの岩だらけの道は雨季には非常にぬかるみ、30分以上かかるほどです。シリワットと何百人もの若い世代のアカ族の村人は、北部の高原の問題を克服し、アカ族のルーツを離れることなくコミュニティを持続的に発展させる方法を模索するようになりました。

コミュニティ企業の設立

コーヒー豆イメージ

若い世代のアカ族の村人は既成概念にとらわれずに考え、農業能力とノウハウを強化する方法を模索しました。日本を拠点とする一般社団法人アジア自立促進協会(GIAPSA) からのシード資金と助言、支援を受けて、2018年11月にメー チャン・タイコミュニティ・エンタープライズ(収入と雇用機会を増やすためのコーヒーの生産、加工、マー ケティング )が設立されました。

2019年、このプロジェクトにより、村は独自の農産物加工センターを設立することができました。生産コストを削減するために、コーヒーの皮むき機や焙煎機などの必要な設備が提供され、コーヒーの生産、加工、焙煎、ブランディング、メーチャン・タイアラピカ・スペシャルコーヒーのマーケティングに関するトレーニング セミナーが実施されました。

市場のサプライチェーンとブランディングを拡大するために、メーチャン・タイコミュニティとGIAPSAが共同所有する小売アンテナショップが、2021年3月にバンコクのサトーンのにオープンしました。しかし、Covid-19のパンデミックにより、投資の近速な回収への期待は行き詰まりました。しかし6月になると、オリジナルの上質な豆の味を好む客が急増しました。

今後の展望

3年後、加工センターは完全に稼働し、年間最大80,000kg の豆を生産する能力を備えます。コーヒーのマーケティングは依然として課題です。メーチャン・タイで栽培されているコーヒーの大部分は、カティモール、カトゥー ラ、ティピカ、イエローバーボンで、これらは耐病性と収穫量の多さから、東南 アジアのコーヒー生産国で長い間好まれてきました。さまざまな品種が山の斜面 に隣り合って植えられ、手摘みで収穫されます。

彼らの努力は、メーチ ャンタイ・コーヒーが 2019年と2020 年にタイで最高の全国スペシャルコー ヒーコンペティションでそれぞれ10位と3位を獲得したときに報われました。

Sirawit は、メーチャンタイの5つの土地区画を成長するために、Nan県からGesha(世界で最も高級なコーヒーの1つと見なされ、独特の風味と高価格で有名なゲシャコーヒー)の苗木を探しました。コミュニティはまた、チェンマイ大学の高地コーヒー開発センターと協力して、 他のコーヒー種や苗木を探しています。

コメント