タイに台風12号が通過しました

台風の目 天候

台風12号アジア名(PODUL・ポードル)がタイ北東部を通過しました。

今の季節、日本は台風が何度も上陸して大雨・強風の災害をもたらします。タイは殆んど台風の被害はありません。乾季の今年1月に約30年ぶりに台風1号がタイ南部に上陸しました。タイ南部全域に豪雨や高潮、停電の被害が出て、広範囲で洪水を引き起こしました。

台風12号はタイで熱帯低気圧に

台風12号の進路図
台風12号(ポードル)は27日午前9時、フィリピンの東で発生しました。28日頃フィリピンのルソン島を通過しました。その後、南シナ海を西よりに進み、ベトナム北中部に上陸し、ラオスを通過し30日午後にタイで熱帯低気圧に変わりました。

日本は台風12号の直接的な影響はありませんでした。九州の北に停滞していた秋雨前線に向かって、台風12号周辺の湿った空気や元台風11号が運んできた湿った空気が次々流れ込み、秋雨前線の活動が活発化し、今回の九州北部の記録的な大雨につながったとみられます。

タイ気象庁の台風の注意事項
タイの気象庁のHPでも注意を喚起していました。

2019年8月30日、大雨から豪雨

北部:チェンマイ、チェンライ、パヤオ、プレー、ナン、ランプーン、ランパン、ターク、スコータイ、カンペーンペット、ウタラディット、ピサヌローク、ピチット、ペッチャブーン。

北東部:ルーイ、ノンブアラムプー、ウドンタニ、ノンカイ、ブーンカン、サコンナコン、ナコンパノム、ムクダハン、ヤソトン、カラシン、コンケン、チャイヤプーム、ナコンラチャシマ、マハサラカム、ロイエット、アムナトチャルーン、ブリラム、スリン、ウボンラチャタニ。

中央:カンチャナブリ、ウタイターニー、スパンブリ、チャイナット、ナコンサワン、ロッブリー、シンブリ、アントン、バンコクとその周辺。

東部:ナコンナヨック、プラチンブリ、チャンタブリー、トラート。

南部:ペッチャブリー、プラチュアップキリカーン、チュンポン、ラノーン、パンガ、プーケット、クラビ、トラン、サトゥーン。

2019年8月31日-9月1日、豪雨から大雨

北部:メーホンソン、チェンマイ、チェンライ、ランプーン、ランパン、ターク、スコータイ、ウッタラディット、カンペーンペット、ピサヌローク、ピチット、ペッチャブーン。

北東部:ルーイ、ノンブアラムプー、ウドンタニ、コンケーン、チャイヤプーム、ナコンラチャシマ、ブリラム、スリン、シーサケット、ウボンラチャタニ。

中央部:ラーチャブリー、カンチャナブリ、ウタイターニー、スパンブリ、チャイナット。

東部:チョンブリ、ラヨーン、チャンタブリー、トラート。

南部:ペッチャブリー、ラノーン、パンガー、プーケット。

タイ全土に注意がされていました。
バンコクは昼頃から小雨が降っていましたが、風は通常と同じです。気温は28度くらいで涼しい1日でした。

通過したタイ北東部は大雨だった模様で土砂崩れや強風で木が倒れるなどの被害が出ています。どこに居ても台風は気をつけなければならないです。

コメント