バンコク トゥクトゥクで引っ越し

バンコクのトゥクトゥク電車・車

歩いて2分ぐらいの所に引っ越し

私はMRT Rama9に住んでいます。バンコクに来てからは同じアパートに住んでいました。一度部屋のタイルが浮き上がって工事をすることになり、同じアパート内で部屋をチェンジしましたが。特に問題もないのですが、気分転換に引っ越しをすることに。実は私は引っ越し魔です。

物件探し

やはり住み慣れたRama9で探しました。フォーチュンタウンにロータス、ラチャダ通りの向いのセントラルプラザにトップスがあり、買物が便利です。ダイソー、What’s、H&Mなども揃っています。アソークまで2駅ということもあり、意外と家賃は高いです。

友人のバイクで何軒かアパートのチェックに周りました。最近できたホテル兼アパートは狭いのに高かったり、駅近の物件は空室がなかったり、程よい感じの物件はキッチンがなかったりと。結局、友人も住んでいる前のアパートから徒歩で2分ぐらいの所に決めました。

アパート契約

タイのアパート契約はアパート内にある事務所で行います。空いている部屋を見せてもらい、気にいればすぐ契約です。外国人はパスポートでOKです。デポジットを1~2ヶ月と前家賃を支払って契約書にサインすれば契約完了。

今回の契約したアパートはデポジット1ヵ月と私が日本に一時帰国しているので、2月からの契約にしてもらいました。12月の終わりに契約したので本来は1月分を支払わなければならないのですが、交渉の結果2月からの支払いで契約できました。

荷造り

タイの場合、アパートは家具付きなので、日本のようにに荷造りが大変ということはありません。食器の梱包のために箱はオフィスメイトで購入、後は友人が店舗移転で使用したタイで屋台の荷造りで使うカラフルなビニールのずた袋とスーツケースです。ビニールのずた袋は重宝します。

引っ越し当日

タイ人の友人がトゥクトゥクを手配してくれました。AM9時30分頃から友人2人が手伝ってくれて、荷物を台車で下まで運び、アパートにAM10時過ぎにトゥクトゥクが到着。トゥクトゥクの運転手は慣れたもので、簡単に荷物を載せていきます。

トゥクトゥクを手配してくれた友人も合流して、3往復で引っ越しは完了。近所ということもあり、11時前には終わりました。引っ越し先のアパートが台車が1台で時間がかかるかと思っていたのですが、アパートのスタッフ全員で荷物を運ぶのを手伝ってくれました。

トゥクトゥクの料金は近くということもあり、1往復100バーツで300バーツ(タイ人価格)でした。

部屋で管理人と電気、水道、エアコンなどのチェックをして問題がなければ、キーを渡してもらえます。

デポジットの返却

荷物を部屋に運び入れて、前に住んでいたアパートに鍵の返却に行きます。引っ越しをしている間に部屋の破損などをチェックしていて、特に問題はなかったので、部屋のクリーニング費用と電気代を引かれてデポジットはすぐに戻ってきました。

WIFIもすぐに使用できるし、片付けは大変ですがお気楽なタイの引っ越しです。

コメント