タイ ラヨーンが原油流出で海岸が汚染

ラヨーンのSuan Lamai環境

タイランド湾の海底パイプラインの漏えいが原因

2022年1月25日にタイランド湾のラヨーン県沖のStar Petroleum Refining Plcが運営する海底石油パイプラインから原油が流出する事故が発生しました。海軍と汚染の専門家は、流出によって引き起こされた混乱を一掃するために奮闘しています。

ラヨーンのメー・ランプーンビーチ

Mae Ramphueng(メー・ランプーン)ビーチは国内でも指折りの美しいビーチの一つとして知られています。約12km続く海岸線はやわらかなスロープを描き、のんびりと過ごすには最適のビーチです。

浄化作業

黄色のプラスチック製の防護服を着た乗組員がビーチに沿って扇状に広がり、漂着し始めた油膜の浄化を開始しました。

海軍は、12隻の船が分散剤化学物質を噴霧しており、これまでに80,000リットル以上が使用されていると述べました。

漏えいした海底パイプラインの運営者であるStarPetroleum Refining Plcは、ブームを使用して海岸線に到達する石油の量を最小限に抑えようとしています。 SPRCによると、ダイバーは、タンカーから油を降ろすために使用される浮きブイであるシングルポイント係留の周りに海底機器の一部を形成するフレキシブルホースに障害を発見したとのことです。

空中監視航空機が海のスリックを監視していて、スリックが海岸線に漂流する前に、47平方キロメートルの地域が影響を受けたことを、政府の地理情報宇宙技術開発庁からの衛星画像が示しています。

メー・ランプーン ビーチは、清掃が進むにつれて被災地として宣言され、その一環として約150人のSPRC労働者と200人の海軍要員が配置されました。

海洋科学者のThonThamrongnawasawatは、強風のため、油膜は今後数日間にわたって岸に打ち上げられると予想しています。影響を受けた地域での水泳は「絶対に避ける」べきだと述べました。

メー・ランプーンビーチの被害状況

Mae Ramphueng(メー・ランプーン)ビーチとその周辺地域でリゾートや観光に依存するビジネスにとって、汚染は生計に大打撃をもたらす可能性があります。

Covid-19のために観光客は少なくなり、宿泊施設の価格はすでに50%引き下げられました。近くのシーフードレストランのオーナーは、シーフードのほとんどは地元の漁師からのもので、汚染を恐れて注文のキャンセルも相次いでます。

2013年同じ地域でパイプラインの漏水

2013年に同じ地域でパイプラインの漏えいが発生したため、サメット島のビーチを覆っている大きな水路が発生しました。

サメット島国立公園は、この流出の影響を受ける可能性があり、浄化には1か月以上かかる可能性があります。

海軍によると、主要な石油塊はまだ沖合にあり、長さ12キロメートルのビーチ沿いの少なくとも2ヶ所で少量しか洗い流されていません。

12隻の海軍艦艇と3隻の民間船、および多数の航空機も、ブームと分散剤スプレーで海上での油の量を減らし流出を封じ込めるために今後も取り組んでいくことになります。

コメント