タイ代表 FIFAフットサルワールドカップ出場決定

サッカー

プレイオフ 2nd Leg

2021年5月25日(火)にFIFAフットサルワールドカップ出場のプレイオフ 2nd Legが行われました。1st Legは5月20日にイラク代表を7-2で勝利していました。

試合経過

タイ代表チームは、Katawut Hankampa(GK)、Jirawat Sornwichien、Krisada Wongkaew(クリサダ・ウォンケオ(C))、Natthawut Mutt Yalan(ナタウト・ムット・ヤラン)、Muhammad U. HealingMusa(ムハンマド・ウスマン・ムサ)の5人が先発メンバーです。

6分 クリサダ・ウォンケオがボールを上げた瞬間からすぐにGoal。1-0
イラクはパワープレイを使用してプレッシャーをかけようとしますが、ボール繋がりません。
前半終了。スコアはタイが1-0イラク。

後半1分 ムハンマド・ウスマン・ムサがGoal。2-0
39分 クリサダ・ウォンケオこのゲームで2点目。3-0

タイ代表は、フィールドの真ん中でボールをインターセプトし、より多くのゴ​​ールを奪います。スコアを4-0にしてタイ代表フットサルチームがイラクを4-0で勝利しました。

タイ代表は、2試合合計得点11-2でイラクに勝利、6回目のワールドカップへの出場を決めました。

タイ代表は世界ランキング17位。2021年9月23日~10月3日までリトアニアで開催されるFIFAフットサルワールドカップに出場します。抽選スケジュールが再度発表されます。

日本代表も出場しますし、フットサルワールドカップは楽しみです。

タイサッカー代表のテストマッチ

UAE(アラブ首長国連邦)のドバイで2022ワールドカップアジア2次予選に備えてテストマッチが行われました。

5月25日:オマーン戦

タイ代表は得点のチャンスが何度かありましたが、オマーンの固い守備を破ることはできませんでした。
タイ代表0-1オマーンで敗戦です。

代表キャンプ中にコロナウイルス感染者が確認されて、選手も自主隔離していたため、トレーニング不足の中の試合は難しかったと思われます。選手のコメントでは今日は負けても、みんな頑張った。と
UAEに到着してから一人一人の練習と体の状態が良くなっていると前向きです。

プレイメーカーのチャナティップ・ソンクラシンは、コンサドーレ札幌での​​クラブ任務の後、6月2日にチームに加わる予定です。

5月29日(土)午後20:45時~タジキスタン代表

コメント