2021年7月1日プーケット「サンドボックス」がスタート

タイのクラビ島旅行

新型コロナウイルスワクチン接種済みの旅行者は隔離無し

タイ経済の観光業は約5分の1を占めていて、Covid-19のパンデミックは、1997年のアジア金融危機以来最悪の状態をもたらしました。政府は、ワクチン接種を受けた旅行者が隔離検疫なしで訪れることを可能にするモデル、「プーケットサンドボックス」で復活への大きな期待を抱いています。

プーケットへ到着便

イスラエル、アラブ首長国連邦、カタール、シンガポールからのフライトで347人の乗客がプーケット空港に到着しました。

  • エティハド航空:アブダビ~プーケット~スワンナプームルートのEY430便は44人の乗客で23人がプーケットで着陸。
  • カタール航空:カタール~プーケット136人の乗客が着陸。
  • エル・アル・イスラエル航空:イスラエル~プーケット137人の乗客が着陸。
  • シンガポール航空:シンガポール~プーケット51人の乗客が着陸。

プーケット到着後

タイのクラビ島

空港到着後、旅行者グループは、発熱と予防接種のチェックを含むスクリーニングを受け、ThailandPlusおよびMorChanaのアプリをダウンロードしました。その後、入国審査と通関手続きを行い、RT-PCR検査を行いました。

旅行者グループはホテルに向かい、PCR検査結果を24時間待ちました。結果が陰性である場合、島の他の場所に行くことができ、陽性であればすぐに病院に搬送されます。

プラユット首相はプーケットへ

プラユット首相は、閣僚や保健当局とともに、午前9時45分にプーケットに到着し、医師、看護師、健康ボランティア会い、すべての関係者の努力と犠牲に感謝しますと述べました。その後、空港のスクリーニングステーションやムアン地区のホテルの視察に訪れました。

観光事業者の反応

検疫隔離なしの旅行の開始は、タイが史上最悪のCovid-19波と、変異株アルファ・デルタのコロナウイルス検出に取り組んだときにスタートしました。しかし、政府が検疫なしの到着に備えて集団予防接種キャンペーンを展開し、居住者の70%が少なくとも1回の接種を受けているため、プーケットは比較的無傷です。

サンドボックス」はスタートしましたが、90%のホテルは閉鎖されたままです。タイホテル協会南部支部の会長は「制限は人々の旅行を減らすと思う」と述べていて、ワクチン接種済の上、観光客がタイの他の地域に旅行したい場合は、プーケットに2週間滞在し、この期間中に3回のPCR検査を受ける必要があります。これは家族にとってかなりの費用です。

政府が第3四半期のサンドボックスエントリー予測である129,000人の訪問者を100,000人に格下げしたと付け加えました。

観光ホットスポットであるバリ島は、7月の再開を目指していましたが、コロナウイルスの感染者が記録的なレベルに急増したため、インドネシア当局は後退したようです。

「サンドボックス」でプーケット旅行ができる国

「サンドボックス」でプーケットを訪れることができるのは、タイ政府が判断している新型コロナウイルスの低リスク国と中リスク国のみで、現在66ヶ国です。

日本は高リスクの国で対象外でしたが、日本からの渡航者に対するこの限定がなくなり、観光目的での渡航も可能になりました。ただし日本とタイの直行定期商用便を運行する日系航空会社では、プーケット・サンドボックス利用客専用のチャーター便との接続は始まっていないとのことです。

日本の空港から第三国の空港を経由してプーケット国際空港に向かう(例えば、シンガポール航空により、日本の空港からシンガポール・チャンギ国際空港を経由してプーケット国際空港に向かう)ことは可能とのことです。

コメント