タイ(Nakhon Phanom)ナコンパノム周辺の観光ポイント

ナコンパノムのプーパーヨーイ国立公園旅行

イサーン(タイ東北部)地方のNakhon Phanom(ナコンパノム)県の中心都市です。

タイは10月12・13・14日と3連休でした。ナコンパノムへは2回目の旅行で前回同様バンコクからロトゥーをチャーターして向かいました。イサーン方面へ帰省する方も多くノンタブリーまで2時間かかり、アユタヤからナコンラーチャシマまで道路は大渋滞でした。

この辺りは夜に何度も通っていますが昼間は初めてです。バンコク周辺は見渡す限り平地で山を見ることがありません。ナコンラーチャシマの手前にKhao Yai National Park(カオヤイ国立公園)があり山々が連なっていて牛の牧場もあります。

ナコンラーチャシマを北へ233号線を西へ進み、カーラシンを超えて国立公園の山道を進み友人の実家の近所のNa Kae市場に着いたのは深夜1時を回っていました。バンコクを出て13時間。

ナコンパノムの市場
さすがにタイの市場です。深夜から搬入が始まっていて、一部ですがフルーツなども購入できます。翌日の昼間にも訪れましたが多くの人で賑わっていました。価格はバンコクよりも更に安いです。

Phupayol National Park(プーパーヨイ国立公園)

ナコンパノムのプーパーヨーイ国立公園の滝
ナコンパノムの隣県Sakonnakhon(サコンナコーン)県に位置します。ナコンパノムからは車で2時間ぐらい。山というよりは丘陵地帯です。入場料はタイ人は20B、外国人は100B。自然豊かな所で湖の側を歩き3つある滝まで山道を登ります。

1つ目が500m、2つ目が800m、3つ目の滝までが1500mです。日本の滝とは違い、木の根に滝が流れています。周辺は大きな石で覆われ疎水が流れている横を2つ目の滝まで行きました。観光客は少なく静かな国立公園でオートキャンプ場も設置されています。

Praya Tao Ngoi (プラヤタオゴイ)


プーパーヨーイ国立公園から車で10分ぐらいの所にあるお寺です。入口に巨大な亀のオブジェがあり、周りを小さな亀・龍が取り囲んでいます。この巨大な亀は最近造られたものです。

昔この地の小川に多くの亀がいたことからプラヤタオゴイと名づけられました。タイ人にはこの地の有名な歌があり人気のあるお寺のようです。実際多くの人がお参りに訪れていました。

ナコンパノムではイルミネーション・ボートパレード・フェスティバルで訪れた市街地にあるNaga Monument(ナガ・モニュメント)、メコン川沿いにあるWat Phra That Phanom(プラタート・パノム寺院)が有名です。

タイ東北部イーサーン地方への3泊(車中1泊)4日の旅 Vol2
タイの東北部イーサーン地方へ3泊(車中1泊)4日の旅に出掛けました。2日目はナコーンパノムのメコン川沿いにあるWat Phra That Phanom(プラタート・パノム寺院)に行きました。ドライバーが運転できなくなったり、 ハプニングの連続です。

バンコクに戻るのもナコンラーチャシマの手前から渋滞で行きと同じく14時間かかりました。日本と同じで連休の遠出は渋滞を覚悟しないと駄目なようです。前回のイサーン地方への旅行は連休ではなかったのでスムーズに行けました。

▼Phupayol National Park(プーパーヨイ国立公園)のMap

コメント