タイ 洪水が観光産業を遅らせる

バンコクの雨季旅行

21県で洪水の被害

タイ全国21県での洪水の影響により、第3四半期の観光業は特に企業旅行が鈍化すると予想されますが、旅行の遅延による需要の蓄積により、第4四半期には停滞する可能性があります。

タイ政府観光局(TAT)は、第3四半期は通常、グループツアーやインセンティブなどの企業旅行のピーク時であると述べました。このシーズンのホテル料金が著しく安く、予算に見合う可能性があるためです。一方、政府機関は今年度末の9月30日までに残りの予算を消化しなければなりません。

一部の企業グループは、今月すでに旅行をキャンセルまたは延期しており、主に東部および中部地域の観光地に影響を与えています。洪水で農業が最も打撃を受けたセクターですが、購買力が大幅に低下しているため、多くの場所で観光業が影響を受ける可能性があります。

洪水の影響を受けた地域

カンチャナブリー、スパンブリー、ナコンナヨック、プラチンブリー、チョンブリー、チャンタブリー、サムットソンクラム、ラチャブリー、ホアヒ ン、プラチュワップキーリーカンのチャアム

地域の被害状況

5つの地域のオフィスから集められたTATによると、洪水の排水に負担をかけた大雨が、ラヨーンのカオチャマオ国立公園などで、観光客に滝での水泳を避けるようにアドバイスしたなど、国の多くの地域で旅行のリスク回避が行われました。

北部では、水流を封じ込めるための貯水池がある地域で大雨が発生する場合、地域のダムには下流の流れを吸収する能力がまだあるため、影響は最小限に抑えられる可能性があります。ただし、この地域では 10月の推定降水量が平均より10~20%多いと予測されているため、引き続き綿密な監視が必要です。

北東部と南部は、今月の洪水の可能性、特に川流域と丘陵斜面で鉄砲水が発生する危険性があることに注意する必要があります。ムン川とチー川に沿った北東部の16以上の県で、合計412,462ライの農地が浸水しています。

今後の予想

ハイシーズン中に予想される国内および国際的な観光客の急増により、タイは多くの地域で観光密度に直面する可能性があり、主要な目的地から離れた観光活動を誘致するための十分に準備された管理と戦略が必要です。

1月から8月までの国内旅行者数は1億290万人で、5660億バーツを生み出しました。TATは、主に第4四半期の堅調な市場に牽引され、6,560億バーツの収益を伴う1億6,000万回の国内旅行の目標に引き続き自信を持っています。

「私たちは状況を注視しており、タイが大雨と鉄砲水を引き起こしたラ ニーニャの影響をより強く感じ始めていることを懸念しています」と、 ユササック氏は述べました。

コメント