バンコク イミグレーション内の無料周回バスは便利

ビザ

今回も友人の付き添いで観光ビザの1ヵ月延長の申請にチェーンワタナのイミグレーションに行きました。

MRT Chatuchak Park(チャトゥチャックパーク)駅・ BTS Mochit(モーチット)駅下車。タクシーでトーモー(タイ語でイミグレ)まで行きました。

AM8:30頃で、通勤時間帯で中心部行きと反対方面なので道路は空いています。

Lak Si(ラックシー)の交差点、(タイ国鉄の線路を渡るところ)を左折して運転手さんがトーモーと確認してきたので、安心していると、Chaengwattana Rd(チェーンワタナ)道路の左折するSoy7を行き過ぎたので、(何度も行っているのでわかるようになりました)

「行き過ぎたよと」言うとA棟と思っていたらしく、「B棟ですよ」と伝えると、運転手さんは「Sorry。これから周る」と、このまま行っても遠回りになるので、タクシーを降りてSoy7まで徒歩で戻ることにしました。

イミグレまで歩くと結構な距離なので、バイタクに乗ろうと思っていたら、無料のシャトルバスが来ていたので、バスに乗ってイミグレまで行きました。

シャトルバスといっても、20人ぐらいが横に座れる小型バスで、ドアは常にオープン状態で、白でサイドにマークが描いてあります。

到着はGate1です。通常タクシー・バイタクで着くのはGate2。荷物検査を受けて入ると、すぐ右側にイミグレの入口があるのがGate2です。

9時過ぎに着き、入口のあたりはわりと空いていて、整理番号は30番後ぐらいで、40分弱の待ち時間で電光掲示板に番号が付き、申請書類、1900TBを支払い、15分ぐらい待って1ヵ月のビザ延長が認められ、スタンプを押して貰いパスポートが返却されました。

今日は催事スペースに何も開催されていなかったので、ガランとした空間が際立っていました。

無料のシャトルバスが発着するGATE1は、イミグレの申請場所から、催事スペースを中央付近まで歩き右側に進むとあります。

バスストップがあり、数人並んで待っていて、10分ぐらいで、バスが到着。A棟に停車の後、イミグレの入口に到着しました。今回初めて乗りましたが、無料ですし便利です。

52番のバスでBTSモーチット駅まで帰るため、陸橋を渡り、バス停へ。52番のバスはなかなか来なくて、待っている間、ロトゥーは何台も到着します。

タイ語が読めないので、ロトゥーは乗れないのですが、MRT〇〇〇BTS〇〇〇 (〇はタイ文字)と行き先が描いてあるロトゥーはモーチットまで行くだろうと思い、確認して乗りました。

乗客の希望のバス停で、何回か停車はしましたが、25分ぐらいでモーチットに到着、25TB。
バスよりは少し高いですが、本数も多いし早く着くし便利です。

Gate1でシャトルバスを待っている時に、66番のバスが来ました。調べると、MRT Tao Poon(タオプーン)駅に行くので、次回チャレンジしてみようと考えています。

コメント