バンコク ビエンナーレをバンコク芸術文化センターに観に行く

美術館・アート

バンコクで初めてアートビエンナーレ2018年10月19日~2019年2月3日まで開催されることになりました。

ビエンナーレ(biennale)とは、2年に1回開かれる美術展覧会のことです。語源となっているヴェネツィア・ビエンナーレは、世界中からアーティストを招待して開催される展覧会として100年以上の歴史をがあります。

美術だけでなくデザイン、ポスター、映画、CG、建築、オブジェ、パフォーマンスなど幅広い視覚芸術舞台芸術と様々な分野に渡ります。

今回のバンコクビエンナーレには33カ国から75名のアーティストが参加し、会場は20ヶ所です。

日本からは奈良美智氏、草間彌生氏が参加されています。

数ある会場の中から、多くの作品が展示されている、Siam(サイアム)のバンコク芸術文化センター(Bangkok Art and Culture Centre)をチョイスしました。

土曜日ということもあり、サイアムは凄い人でした。BTSサイアム駅からスカイウォークで直結していて、アクセスもいいし、ビエンナーレが行われていることもあり、バンコク芸術文化センターも凄い人でした。

1F入口横のスペースにはSornchai Phongsa (タイ)の竹と赤い紐で組み合わせて造った巨大なALIEN CAPITAL。Marc Schmitz (ドイツ)のShelter。など巨大なモニュメントが目を引きます。

入ってすぐに圧巻なのは、センターに吹き抜け5Fまで創られたChoi Jeong Hwa (韓国)のBasket Towerです。カラフルなバスケットを大小組み合わせて、5Fから吊り下げられている巨大モニュメントです。

この美術館は螺旋状に作品を見て回るので、各階によって見え方も変わり、POPな感じが楽しい雰囲気をだしていました。
通常は企画展が行われてい4Fからが、今回のビエンナーレのアート作品が集中しています。
SUNANTA PHASOMWONG(タイ)のThe State of Suffering。ワイヤーネットで造られたオブジェ。

Numen For Use Design Collective(クロアチア)Tape installation。テープを使用して、繭のようなオブジェを作っているのですが、絵画、写真は作品と違い、その場で作る作品はここに籠って何日創作したしたのかなぁと、感慨深いものがあります。
映像やパフォーマーの方の演技などもあり、色々と楽しめます。

バンコク芸術文化センターは建物自体がアーティスティックで、天井が高く、螺旋状の吹き抜けの構造なので、モダンアートの作品映えします。

サイアムセンターの1Fの通路スペースにも、ビエンナーレの作品が展示されていました。開催期間は長いので、ゆっくり楽しみたいですね。

バンコクビエンナーレHP

▼バンコクビエンナーレ サイアムのバンコク芸術文化センター Map

コメント